TOP 大阪府・メガネのアイトピア
パソコン用のメガネ
トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには 当店アイトピアへのお問い合わせ
パソコン用に最適な、メガネの度数選びなどについて書いています

あなたがパソコンで燃え尽きたとき…
メキメキ目が生き返る5つの方法とは?


「僕はデザインの趣味があって一日中パソコンを触るんですが、
5時間とか続けてやっていると、目がシクシク乾いてくるような感じがします」


「私なんか、事務で8時間ぶっ通しでパソコンしてて、
目の奥がズキズキしてきますよ」



…といったご相談が最近増えてきています。


お仕事の都合上、
夫婦共働きで朝から晩までパソコンに向かっている人など、
2人揃ってドライアイの兆候が見える場合もしばしばだったりします。


そんなときでも、
当店の「パソコン用メガネ」をお勧めすることで、
ずいぶんと楽になっていただけます。


●レンズのみをご希望のかたに

お客様が、これまでにお使いになっておられましたメガネのフレームを利用して、レンズのみを当店でお入れさせていただくことも可能です。

ただし、フチなしなど一部の特殊な構造のフレームはお引き受けできない場合があります。

また、他店購入の新しいフレームには、当店でレンズをお入れすることはできませんので、ご了承ください。

★他店購入の新しいメガネフレームに関しましては、
くわしくは、こちらもごらんください。

他店購入の新しいフレームについて



★レンズ代は、左右一組で
1万円台〜2万円台でできることが多いです。





ところで、パソコン用メガネには、
一般に知られていないことがあります。





特別企画
青色カットレンズのモニター
になってくださいませんか?

↑こちらをクリック↑

実は、これまでは、
「40代からの遠近両用メガネ」と同じような仕組みのメガネ…

“老眼世代の近くを見る視力の衰えをカバーする目的で作られ、
もっぱらその目的に対応したパソコン用メガネ”

が、
世の中で出回っていた主なものだったのです。




つまり、これまでのパソコン用メガネというのは、

(1)「レンズに薄いカラーをつけて視界を柔らかくするパソコン用メガネ」や、
遠近両用メガネと同じように、
(2)「レンズの上から下で度数を変えて使い分けをするタイプのメガネ」
主流だったというわけです。

それ以降は、
(3)「無色の網の目状のフィルターをレンズ表面に張って視界を柔らかくするパソコン用メガネ」
などのものも市場に出てきましたが、

薄いカラーをつけたり
薄い網のフィルターを張ったり
といったものは
いまいち効果の測定結果が正確でなく、
遠近両用メガネの系統の
「中近メガネ」や
「近近メガネ」を作って
パソコン用メガネとする
(3)のやりかたが
標準であるようです。
↑(詳しくは、パソコン用メガネ・4つのタイプとは? に書いています)


→くわしいご説明は,
パソコンメガネ・4つのタイプとは?
をどうぞ。(別ウインドウで開きます)








これまでの時期は、
いわゆる「老眼世代」の「近くが見えにくい」という訴えが中心でしたので、
そうであっても不思議はありません。



しかし当アイトピアの店長、岡本隆博は、
もっと若い年代の人たちにも、
パソコンでの目の疲れが問題になっていることを知り、
独自の研究によって、
老眼世代用のものとは全く別の、
パソコンの距離に専用の度数を持つ
「パソコン用メガネ」の眼鏡処方を
開発して業界に発表しました。




そしてその研究のついで?に、

「パソコン疲れの目が
メキメキ生き返る5つの方法」や、

「目がシクシクする症状、ドライアイの対処法」

などもまとめ、

当方のサイトに掲載してあります。

それでは、
当店アイトピアの、
パソコンメガネのコーナーの続きを、
ごらんください。
            ↓

メインの記事

パソコン用のメガネ
パソコン作業の目の疲れを減らす5つの方法
大阪流・パソコンメガネとは

そのほかの情報

レンズのカラーについて
パソコンメガネのレンズカラー

*これ以外の、パソコン用メガネについての情報はこちら
パソコン用のメガネ考(Q&A)
パソコンと眼精疲労
パソコンメガネ研究会
ドライアイ考

トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る

トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには 当店アイトピアへのお問い合わせ
この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。
メガネのアイトピア店長・岡本隆博は、
全国の眼鏡屋さん向けの技術教育を行っております
大阪発・眼鏡学とは
(日本眼鏡教育研究所)