TOP 大阪府・メガネのアイトピア
VCメガネとは
トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには 当店アイトピアへのお問い合わせ
VCメガネとは
●●●●●●●●岡本隆博●●●●●●●●
VCメガネ……って、
みなさん、
あまり聞かれたことがないと思います。

メガネのフロント部
(レンズがついているところ)


垂直に(vertical)に
高さを変更(change)できる、

そんなメガネを私たちは
VCメガネと名付けました。

VCメガネには、
必ずVC
(垂直方向での位置変更)
パッドがついています。


VCパッドを上に上げると、
相対的にメガネのフロント部が
やや下に位置します。


VCパッドを下に下げると、
相対的にフロント部が
上に上がります。


VCパッドは、
もともとは遠近両用のメガネを
より見やすくするために
作られたものなのですが、
VCパッドをつけたVCメガネは、
それ以外にも下記のような用途があります。


(1)
不同視の矯正に対して
VCメガネが有効に使える。
 (これについては
 http://eyetopia.biz/hudou/index.html
 をご覧ください)


(2)
遠近両用ではない単焦点レンズで、
ピント調節力が弱めの眼でも
楽に遠くと近くを交互に明視するために
VCメガネを有効に使う。

ここでは、上記の(2)について、説明をします。




弱度〜中等度の近視
(近視系乱視)
の眼で
40歳を超えて調節力が弱くなってきますと、
手元のものを見るには
そのメガネをはずした方が
はっきりと見えるようになってきます。

その場合に、
メガネをはずして近くを見るという方法が
よく使われますが、
その手間を省いたものとして、
跳ね上げメガネがあります。


 (跳ね上げメガネについては
 http://eyetopia.biz/haneage/index.html をご覧ください)

ただ、
手元のものを見る場合に、
レンズを上まで跳ね上げてしまいますと、
近くのものを見ていて
パッと遠くのものを見た場合には
はっきりと見えません。

遠くと近くを
交互に明視するということが
できないわけです。

 その問題を解決するための
ひとつの方法として、
ベターハーフという方法があります。

ベターハーフについては、
http://eyetopia.biz/besthalf/index.html
をご覧いただくとよいのですが、
ベターハーフには、
普通の歩行時などの
下方視野の足りなさ
という問題が残ります。

 そこで、跳ね上げメガネの
「遠方と近方を
頻繁に交互に明視するのには
やや手間どる」
という問題点と、
ベターハーフの
「遠見時の下方視野の狭さ」
という問題点をどちらも解決できるものとして、
このVCメガネがあるわけです。


それで、
VCメガネにおいては、

a)遠見歩行時には
VCパッドを上げて
フロント部を下げぎみにすることにより、
下方(足元)視野の確保ができます。

遠方視
遠方視




b)遠方と手元を
交互に見るときには、
パッドを下げてフロント部を上げ気味にすることにより、
手元を裸眼で広い範囲で見ることができ、
そのままで視線を上に移動させるだけで
レンズを通して遠方を見ることができます。


近見下方視
近見下方視



この用途で
VCパッドをつける場合、
クリングスの箱の間隔が
普通よりも6mm前後
広くなってしまいますので、
下記の条件に合うフレームが好適ですが、
当店では、これに該当するフレームを
いろいろと 取り揃えております。

条件1)
玉型の天地サイズが浅めであること。
条件2)
鼻幅
(フロント中央部のレンズとレンズの間隔)
が広めで、20mm以上あること。
条件3)
クリングスは、
スネーク型よりもU字型の方が、
レンズを拭くときに
邪魔になりにくくてよい。




                                     




跳ね上げメガネ
のページに戻る

トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る

トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには 当店アイトピアへのお問い合わせ
この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。
メガネのアイトピア店長・岡本隆博は、
全国の眼鏡屋さん向けの技術教育を行っております
大阪発・眼鏡学とは
(日本眼鏡教育研究所)