TOP 大阪府・メガネのアイトピア
ふちなし度付きクリップオン、
ディグリーフリップとは
トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには 当店アイトピアへのお問い合わせ


ふちなしの
度付で
クリップオン




ふちなしの度付で
クリップオンのメガネ!


その名は・・・・・・

ディグリーフリップ

といいます。

 (ディグリーとは「度数」のことです)


これは、なんと・・・・

3つの使い方がある
とても便利なものです。





右の画像では、メインのメガネにレンズは
入っておらず、これは単式の跳ね上げメガネと
同じ使い方になるのですが……

単式の跳ね上げメガネでは、種類に限りが
ありますが、この方式だと、フルリムの金属性枠
であれば、どんな枠でも単式跳ね上げメガネに
なるわけです。

特に大きな枠や、特に小さな枠で跳ね上げしたい
……そういうかたにはこの方式が特に有効です。



例えば、右の下の方の写真は、フロント部の総横幅が
148mmもある大きな枠ですが、これにディグリーフリップをつければ、ビッグサイズの跳ね上げメガネになるのです。

前のレンズを
カチャカチャと2段階上げると右のようになります。
この状態で裸眼で手元の本などを見るわけです。
(近視で老眼の人の場合)







また、フリップを一段階だけ上げますと、なんと、
遠近両用として使えるのです。

すなわち、近視で老眼の人の場合、
レンズを通して遠くのものを見、
裸眼で下目使いに
手元のものを見るわけです。




前のレンズを降ろすと、
全体で遠くをはっきり見るようになります。






なお、ディグリーフリップは、取り外すこともできます。




次に、ディグリーフリップの
二つ目の使い方を説明します。

これは老眼で、しかも近視の度数が
やや強めのかたに便利な使い方です。

メインの枠には手元の本などを見るのに適した
近く用の度数が入っていまして、
前のレンズには-2D前後のレンズが入っています。

右の写真は、前レンズを降ろして遠くのものをはっきりと見る状態です。




前レンズを少し跳ね上げると、遠近両用になります。
すなわち、後ろのレンズで下目使いに手元のものを
見て、前と後ろの両方のレンズを通して
遠くのものをはっきりと見るわけです。




前レンズをさらに跳ね上げると、
遠くのものは見えませんが、
手元を広い視野で見ることができます。




前レンズは、
このように真上にまで上げることもできます。

なお、この二つ目の使い方の場合には、
フルリムでも、ハーフリムでも、どちらでもOKです。

また、
今お使いのメガネが普通の枠で遠方用であれば

(1)
老眼の度数をディグリーフリップに入れて、
いまお使いのメガネを
遠近両用跳ね上げメガネ
とすることもできます。

その場合は、
近くを見る必要がない場合には
ディグリーフリップを
外しておけばよいわけです。

(2)
その遠方用の度数が近視矯正なのだけれど、
やや弱めに合してあって、
パソコンなどは何とか見えるけれど、
運転のときなどにはややぼやけを感じるので、
そういうときに、遠くをもっとはっきり見たい
というかたの場合には、

ディグリーフリップの度数を-1D前後の
弱度の近視にすることにより、
その目的に合ったメガネとなります。
すなわち、運転のときにはフリップを降ろし、
それ以外のときには、フリップを上げるわけです。





そして、ディグリーフリップの三つ目の使いかたが、
これまでにできなかった離れ業なのです。

これを我々は「スーパー複式跳ね上げメガネ」と名づけました。

では、その効能をご説明しましょう。




単式の跳ね上げメガネに
ディグリーフリップがついています。
これはフルリムでもハーフリムでも、
単式の跳ね上げメガネであれば、
どれにつけてもよいのです。


このように
ディグリーフリップを降ろした状態ですと、
遠くがはっきり見えます。





メインの跳ね上げ部には
近く用(読書用かパソコン用)
の度数のレンズが入っており、
前のレンズには、
後ろのレンズに加えて
さらに遠くをはっきり見させる、
近視矯正(マイナス加入度)
のレンズが入っています。


右写真のように
ディグリーフリップを
少し上げますと、
遠近両用として使えます。

すなわち、
両方のレンズを通して
遠くをはっきり見、
後ろのレンズだけで
下目使いに手元のものを
見るわけです。




もう少し



もう少し跳ね上げの角度を増やすと、全体に近くのものをはっきりと見ることができます。



なお、
前のレンズは、
ここまで上にあげることもできます。




さあ、
ここからが
「スーパー複式」の特長です。

このスーパー複式跳ね上げメガネの
前のディグリーフリップと
後ろのメインの跳ね上げ部の
レンズを右のように
どちらも上げてしまうと・・・・・

近視で老眼で、
やや度数が強めのかたの場合、
裸眼で、
うんと接近して
手元のものを大きくはっきと
見ることができるわけです。

この使い方は、
従来の複式跳ね上げメガネでは
できなかった、離れ業なのです。

これができるので、
われわれはこのメガネを
「スーパー複式跳ね上げ」
と呼んでいるわけです。




右の写真は、
スーパー複式跳ね上げで、
前と後ろの両方のレンズを跳ね上げたときの、
クローズアップです。


なお、
スーパー複式の場合、
両方のレンズを通してパソコンを見、
前だけ跳ね上げて本を見、
両方を跳ね上げて
手元の細かいものをうんと接近して見る
……というデスクワーク用の使い方も可能です。


そして、
前に入れるレンズか、
後ろに入れるレンズに、
累進レンズを使って
さらに便利に
お使いいただくこともできます。






このような、
いろんな使い方ができる
ディグリーフリップの価格は、
ケースもついて


標準レンズ込みで
¥28080 です。


* 本体メガネをお預かりして、
  約1週間にてお渡しできます。


跳ね上げメガネ
のページに戻る

トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る

トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには 当店アイトピアへのお問い合わせ
この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。
メガネのアイトピア店長・岡本隆博は、
全国の眼鏡屋さん向けの技術教育を行っております
大阪発・眼鏡学とは
(日本眼鏡教育研究所)