TOP 大阪府・メガネのアイトピア
「ベンディウム42」は、
ボストンメガネのウスカルチタンフレーム
トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには

強度近視のウスカルフレーム、
ボストンタイプの
「ベンディウム42」とは



強度近視のウスカルメガネは、
強度近視の厚いレンズを薄く軽くする、
驚きのメガネフレーム。


そんなウスカルフレームから今回、
ボストンタイプのレンズ型を持ち、
「マンレータイプ」のブリッジパーツを採用した
クラシカルなモデル、
「ベンディウム」という
ウスカルフレームのご紹介です。


マンレータイプの
ブリッジパーツを持つ
クラシカルな
ベンディウム42


モデル名は
ベンディウム(Bendium)
です。

大小2つのサイズをご用意しています。
小さいほう 42□22 と、
大きいほう 45□22 です。
(このページでご紹介は、小さいほう 42□22 です)

それぞれ
42□22は3色、
45□22は4色のカラーを用意。
(ベンディウム42は、後日に追加カラーを1つ予定)

チタンのボストンメガネフレームとしては
きわめて正統派となるフォルムで、
満を持しての登場です。



メーカー参考小売価格
\30800(税込)
\28000(税抜)




大小2つのサイズをご用意
(画像は 42□22 カラー1 ゴールドシャーリング/ベージュ)



きわめて正統派となるフォルム
(画像は 42□22 カラー1 ゴールドシャーリング/ベージュ)



クラシックスタイルのメガネにお馴染みの
「マンレー」という一山の鼻パーツは、
遠くから一見するとシンプルな印象。

ですが古式のメガネに見られた、
立体感に溢(あふ)れたフォルムとなる、
シンプルにして王道のアンティークスタイル。

カラーリングをアンティークタイプに絞ることにより、
シリーズとしての統一感と
パーツひとつひとつのクラシック感との整合性を実現。

レンズ周りの「リム」のあたりに、
「七宝」と呼ばれる樹脂を入れ、
色の変化をつけています。

ときにはリム前面に・・・・・
また、ときにはリム全面に・・・・・・

色の濃淡のコントラストをつけることにより、
変化を持たらしていますが、

ゴールド系には前のみにベージュを挿すことで
目元の質感をナチュラルに変化させ、
アンティークピンク系には前のみに赤を差すことで
目元の質感をエレガントに、
アンティークシルバー系には濃い目の色を挿して、
メリハリの聞いたコンテクストを獲得。

ボストン型としては上下幅はやや狭めな
スマートなレンズシェイプを採用し、
ネオアンティークな雰囲気。

また、腕は「古式の眼鏡に見られた親子智タイプ」
という、
機能性と、昔気質(むかしかたぎ)のイメージを併せ持つ、
ソリッドなデザインとしています。




「七宝」と呼ばれる樹脂を入れ、
色の変化をつけています
ときにはリム前面に・・・・・・
(画像は 42□22 カラー7 アンティークピンク/赤)



腕は「古式の眼鏡に見られた親子智タイプ」
(画像は 42□22 カラー1 ゴールドシャーリング/ベージュ)



ときにはリム全面に・・・・・・
(画像は 42□22 カラー9 アンティークシルバー/黒茶)




ゴールド系には前のみにベージュを挿す
(画像は 42□22 カラー1 ゴールドシャーリング/ベージュ)


2つのフレームサイズとは、
42□22
45□22
のラインナップで、
それぞれは、

42□22 → 日本人の小さめのPDサイズに対応
45□22 → 日本人の平均的なPDサイズに対応

      * PD:瞳孔間距離

となっていて、
目の中心と目の中心の間の幅(PD)が
42□22は60〜64ミリの人向け、
45□22は63〜67ミリの人向けです。

フレームサイズ

42□22
(フレームPD64)



45□22
(フレームPD67)


ベンディウム カラーデータ
ベンディウム42  42□22
・カラー1 ゴールドシャーリング/ベージュ
・カラー7 アンティークピンク/赤
・カラー9 アンティークシルバー/黒茶
ベンディウム45  45□22
・カラー1 ゴールドシャーリング/ベージュ
・カラー5 ブラッシュブラック
・カラー7 アンティークピンク/赤
・カラー9 アンティークシルバー/黒茶








上の3つが小さいサイズ。

下の4つが大きいサイズです。







このページでは
小さいほうのサイズ、
42□22のほうを
ご説明しております。


色の1つめは、
カラー1 ゴールドシャーリング/ベージュ です。

通常のツヤありのゴールドに比べて、
シャーリング(梨地)と呼ばれる、
ツヤを消したトーンのカラーを使用。
これによりカジュアルな印象となります。

テンプル(腕)もツヤ消しのゴールドとなることで、
華やかさよりも優しく柔らかな印象に。

これに、リム前面のみにベージュの転写を挿しています。

リム上面を見ればシャーリングゴールドのまま、
リム前面を見れば七宝のベージュが見て取れます。

ベージュカラーが入ることで、
日本人の肌の色に合う、
ナチュラルなトーンへと寄せています。

これによって、独特な
シックな風合いに。




シャーリング(梨地)と呼ばれる、
ツヤを消したトーンのカラーを使用

(画像は 42□22 カラー1 ゴールドシャーリング/ベージュ)


テンプル(腕)もツヤ消しのゴールドとなることで、
華やかさよりも優しく柔らかな印象に

(画像は 42□22 カラー1 ゴールドシャーリング/ベージュ)


リム前面を見れば七宝のベージュが見て取れます
(画像は 42□22 カラー1 ゴールドシャーリング/ベージュ)


リム上面を見ればシャーリングゴールドのまま
(画像は 42□22 カラー1 ゴールドシャーリング/ベージュ)


42□22 の2つめのカラーは、
カラー7 アンティークピンク/赤 です。

アンティークピンクは、
明るさのある、柔らかな
懐古調のピンクカラーです。

当方のチタンオリジナルフレームでは
初のカラーとなります。

ブラッシング加工が施されており、
暖かくほのかなピンクに仕上がっています。

これに、リム前面のみに「赤」の転写を挿しています。

リム上面を見ればアンティークピンクのまま、
リム前面を見れば赤が見て取れます。


女性に受け入れられやすい風合いをもつ
このアンティークピンクは、
自然な軽快感と、エレガント感の
両方を与えてくれます。




アンティークピンクは、
明るさのある、柔らかな懐古調のピンクカラーです
(画像は 42□22 カラー7 アンティークピンク/赤)



ブラッシング加工が施されており、
暖かくほのかなピンクに仕上がっています
(画像は 42□22 カラー7 アンティークピンク/赤)



リム前面のみに「赤」の転写を挿しています
(画像は 42□22 カラー7 アンティークピンク/赤)



リム上面を見ればアンティークピンクのまま
(画像は 42□22 カラー7 アンティークピンク/赤)


42□22 の3つめのカラーは、
カラー9 アンティークシルバー/黒茶 です。


アンティークシルバーは、
当方オリジナルではお馴染みの、
柔らかなシルバーグレー系のカラーです。


これに、リム全面に「黒に限りなく近い茶色」
の七宝塗りを入れることで、
本格派のアンティークカラーパターンとしての
完成を見ています。

リム上面も七宝塗りのツヤあり黒茶、
リム前面も七宝塗りのツヤあり黒茶、
リム後面も七宝塗りのツヤあり黒茶。

真っ黒よりは少しだけナチュラルな黒茶が入ることで、
日本人の控えめな肌のコントラストに合う、
ノーブルなアンティーク特有のトーンへと寄せています。

重厚感とムードを共に持つ、
鉄板ともいえる色合わせです。




当方オリジナルではお馴染みの、
柔らかなシルバーグレー系のカラー

(画像は 42□22 カラー9 アンティークシルバー/黒茶)



本格派のアンティークカラーパターン
(画像は 42□22 カラー9 アンティークシルバー/黒茶)



リム全面に「黒に限りなく近い茶色」
の七宝塗りを入れる

(画像は 42□22 カラー9 アンティークシルバー/黒茶)



真っ黒よりは少しだけナチュラルな黒茶
(画像は 42□22 カラー9 アンティークシルバー/黒茶)
ベンディウム42
各サイズの各カラー紹介
ベンディウム42  42□22サイズ (小さいほうのサイズ)
↑ カラー1
ゴールドシャーリング(ベージュ七宝)

↑ カラー7
アンティークピンク(ダークレッド七宝)

↑ カラー9
アンティークシルバー(黒茶七宝)

★45□22サイズも製作しています
ベンディウム45  45□22サイズ (大きいほうのサイズ)
    カラー1  ゴールドシャーリング(ベージュ七宝)
    カラー5 ブラッシュブラック
    カラー7 アンティークピンク(ダークレッド七宝)
    カラー9 アンティークシルバー(黒茶七宝)
写真撮影者 : 今回の画像の提供は、オプティック・オベロンさんです

強度近視用のおしゃれなメガネフレーム
のコーナーの目次に戻る


トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る

トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには
この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。