TOP 大阪府・メガネのアイトピア
「ゼルパード」は、
目を大きく見せるウスカルメガネフレーム
トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには


「目を大きく見せる」
ウスカルフレーム、
ゼルパードが誕生




ウスカルメガネフレームとは、
強度近視のレンズが
見違えるほどに薄く軽くする、
そんな特徴を持つメガネフレーム。



今回はウスカル会のオリジナルフレームの中でも
「目を大きく見せる」ためにデザイン開発をしたモデル、
そして小顔対応であることを意識したモデル。

「ゼルパード」
と名付けられたモデルが
誕生です。


目を大きく見せる
ウスカルフレーム


メーカー参考小売価格 ¥28000+消費税


一見すると、
そこまで特殊なデザインには見えません。

しかしこの「ゼルパード」、
ウスカルメガネの中でも
「目を大きく見せるための工夫」を
随所に入れてあるのです。

●リム部分をややボリュームアップ
●ブリッジ部分をボリュームアップ
●両サイドのボリュームはほどほどに


この
「3つのポイント」をおさえたデザイン
にすることで、
かけた人の目を大きく見せることができる
のです。



●リム部分をややボリュームアップ
『目を大きく見せる効果』
レンズを囲う「わく」の部分、
ここをリムと呼びます。
ゼルパードではこのリムも、
少しだけ太めにしてボリュームアップ。
目そのものを大きく見せつつ、
目に「シェイド効果」と呼ぶべき、影を落してくれます。
この効果によって白目の部分をハッキリと見せ、
目を目立たせる効果を持ちます。



●ブリッジ部分をボリュームアップ
『顔を濃く見せる効果』
レンズとレンズの間の棒パーツ…
中央の棒状の部分が「ブリッジ」と呼ばれるところ。
このブリッジを、ゼルパードでは工夫を重ね、
ボリュームアップに成功。
不自然なく増やされたこの部分のポイントは、
目そのものをやや大きく見せ、
顔を濃く見せてくれる効果を持ちます。



●両サイドのボリュームはほどほどに

『顔を小さく見せる効果』
両サイドのボリュームは、平均的に、ほどほどに。
あまりここをボリュームダウンすると、
目の大きさはいざしらず、
顔を小さく見せる効果が減ってしまいます。
ボリュームのあるメガネには、
顔を小さく見せる効果があります。
(丁番部分に新機構『ダブルラウンド丁番』を採用)



というわけで
この「ゼルパード」は、
目を大きく見せ、顔を濃く見せ、
顔をできるだけ小さく見せる、
という、おいしいところどりを狙った
ウスカルメガネフレームです。


ウスカル会」の
オリジナルフレームとして、リリース。

福井県鯖江市発のメイドインジャパン。

モデル名は、
Zelpard (ゼルパード)
となります。



「目を大きく見せるための工夫」を
随所に入れてあるのです
(画像は カラー1 ダークレッドマット です)



リム部分をややボリュームアップ(『目を大きく見せる効果』)
ブリッジ部分をボリュームアップ(『顔を濃く見せる効果』)

(画像は カラー1 ダークレッドマット です)



ボリュームのあるメガネには、
顔を小さく見せる効果があります
(画像は カラー7 ライトカーキマット です)




目に「シェイド効果」と呼ぶべき、影を落してくれます。
この効果によって白目の部分をハッキリと見せ、
目を目立たせる効果を持ちます

(画像は カラー7 ライトカーキマット です)




おいしいところどりを狙った
ウスカルメガネフレーム

(画像は カラー9 ブラックマット です)



丁番部分に新機構『ダブルラウンド丁番』を採用
(画像は カラー9 ブラックマット です)


フレームサイズは、
42□20 (フレームPD:62)
で、目の中心と目の中心の間の幅が
58〜62ミリの人向けです。


フレームサイズ

42□20
(フレームPD62で、
適合PDは58〜62)
天地サイズ 27ミリ


フレームフォルムは
全体的にボリュームアップをし、
マユ部分が、目元の隙間を隠して
「目を大きく見せる効果」
を最大限に発揮してくれるような
フォルムデザインです。



丁番の「ダブルラウンド丁番」とは、
真上から見たときと、
真横から見たときで、
違った印象を持つものです。


真上から見たときは、
バネ性を効かせた追加パーツの存在で、
かけ心地のアップを狙っているのが分かりますし、

真横から見たときは、
ダブルラウンド…… すなわち、角張りのないように
形状をデザインしていますので、
フィッティング作業のうちの
「前傾角をととのえる」などの
「腕の角度を上下左右に変える」作業が、
とてもしやすくなっています。●





フレームサイズは、
42□20 (フレームPD:62)
(画像は カラー9 ブラックマット です)



丁番の「ダブルラウンド丁番」とは、
真上から見たときと、真横から見たときで、
違った印象を持つ
(画像は カラー1 ダークレッドマット です)



ダブルラウンド…… すなわち、角張りのないように
形状をデザイン
(画像は カラー1 ダークレッドマット です)




「前傾角をととのえる」などの
「腕の角度を上下左右に変える」作業が、
とてもしやすく
(画像は カラー7 ライトカーキマット です)




色は3色を製作しています。


『定番のカラー』から、
『フロントと腕の色の変化をつけたカラー』
まで、
あるていどのアレンジ工夫をしています。
しかし、目立ちすぎないように
色の先鋭性は抑えてあります。
ベーシックな色を中心にチョイス。


カラー1 が ダークレッドマット(腕・ダークグレー)
カラー7 が ライトカーキマット(腕・共色)。
カラー9 が ブラックマット(腕・ブルー)


どれもが、
日本人の顔に「目を大きく見せる効果」
を与えてくれるものです。



ゼルパード      カラーデータ
42□20 サイズ
・ダークレッドマット カラー1
・ライトカーキマット カラー7
・ブラックマット カラー9








(画像は カラー1 ダークレッドマット です)




(画像は カラー1 ダークレッドマット です)




(画像は カラー7 ライトカーキマット です)




(画像は カラー7 ライトカーキマット です)




(画像は カラー9 ブラックマット です)




(画像は カラー9 ブラックマット です)



3つのカラーとは


「ゼルパード」の、
3つのカラーのご紹介です。

まず カラー1 の ダークレッドマット。
暗い赤ですが、意外と明るく見える時もあり、
精妙(せいみょう)な色と言えるでしょう。
腕にはダークグレーマットを使用。
地味に変わるカラー配分が
いい按配(あんばい)です。

ダブルラウンドの、二重にかさなった
丸いテンプル周りのフォルムが
高い機能性を感じさせます。

テンプルの形状も、
弾力性と耐久性を考えた太さ加減にて
設計してあります




暗い赤ですが、意外と明るく見える時もあり、
精妙(せいみょう)な色と言えるでしょう

(画像は カラー1 ダークレッドマット です)


腕にはダークグレーマットを使用
(画像は カラー1 ダークレッドマット です)


カラー7 の ライトカーキマット。
淡い黄緑系統のカーキですが、
緑系統というよりは、
薄茶色に近い雰囲気を持っています。
「黄緑」という色の特有の特徴ですが、
淡くトーンを弱めると、
とても緑の仲間とは思えなくなる色合いに。

テンプルはフロントと同じ色を使用。
統一感を重視しています。
全体的に、さわやかな雰囲気です。




緑系統というよりは、
薄茶色に近い雰囲気を持っています
(画像は カラー7 ライトカーキマット です)



テンプルはフロントと同じ色を使用。
統一感を重視しています
(画像は カラー7 ライトカーキマット です)


カラー9 の ブラックマット。

もっともボリューム感を感じるのが
このブラックマットです。

オーソドクスな色合いながらも、
テンプルには「ネイビーマット」を使用。

このネイビーは、いわゆる「抜き枠タイプ」
のチタンフレームの中では、
初登場となる独特なトーンの
新色「ネイビーブルー」を工場で指定して採用。

どこまでのポテンシャルを持つか
気になる色だといえそうです。




もっともボリューム感を感じるのが
このブラックマットです
(画像は カラー9 ブラックマット です)



テンプルには「ネイビーマット」を使用
(画像は カラー9 ブラックマット です)
ゼルパード
各カラー紹介



ダークレッドマット (1番カラー)




ライトカーキマット (7番カラー)



ブラックマット (9番カラー)
写真撮影者 : 今回の画像の提供は、オプティック・オベロンさんです

強度近視用のおしゃれなメガネフレーム
のコーナーの目次に戻る

トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る

トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには
この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。