TOP 大阪府・メガネのアイトピア
「ゴヤージュ」は、
スタンダードスタイルのウスカルセルフレーム
トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには


強度近視の
ウスカルセルフレーム、
スタンダードスタイルの「ゴヤージュ」とは



強度近視のウスカルメガネ。
それは、強度近視のかたにはもってこいの
超高機能なメガネフレーム。


そんなウスカルフレームから、
スタンダードなスタイルを持つセルフレーム、
改良に改良を重ねたニューモデルが誕生しました。




ウスカルセルフレームとして、スタンダードなデザイン
(画像のゴヤージュは 224-1766T ディープオレンジ です)

FPDサイズ 基本68


モデル名は
「ゴヤージュ(Goyarge)」
です。

ウスカルセルフレームの
経験値のすべて

を注ぎ込み、基本中の基本ともいえる、
後の世のオーソリティとなりえるモデルです。

かつてのオリジナルセルフレーム「アンターゼ」の
ノウハウを受け継いで発展させた、
バランス良いス各部のパーツ選びとスタイリング。


丈夫さ・フィッティング性
能を強化された
ニューデザインの腕を採用し、
5色のカラーを初期投入。

平均的な日本人の顔サイズのための
ウスカルメガネフレーム
として発売開始です。


メーカー参考小売価格 ¥28000+消費税




後の世のオーソリティとなりえるモデル
(画像のゴヤージュは 224-1766T ディープオレンジ です)



丈夫さ・フィッティング性能を強化された
ニューデザインの腕を採用

(画像のゴヤージュは M59-551 ブラック です)


従来のウスカルセルフレームよりも
接合部の太めな丁番パーツを持ち、
腕の根元から先にかけて伸びていくラインも、
アンティークなメガネのデザインを参考に
した、段差のついた独特な形状のものに設定。


この、上ラインにも下ラインにも段差のついた、
ダブル段差のスタイルは、
高度な機能性への意志の現れでした。


フレームサイズは、

43□25

で、成人がかける場合は
標準的な大きさの顔向けのメガネとなり、

目の中心と目の中心の間の幅は
43□25 で PDが64〜68ミリの人向けとなっています。


ゴヤージュ
フレームサイズ
43□25 (フレームPD68)


このゴヤージュ、
その形状・フォルムは、

性別フリー、年齢フリー、
を意識して作っていますので、

性別問わず、年齢問わず
愛用していただけるものです。





アンティークなメガネのデザインを参考にした、
段差のついた独特な形状のもの
(画像のゴヤージュは M59-551 ブラック です)




その形状・フォルムは、性別フリー、年齢フリー、を意識
(画像のゴヤージュは O-6166 ピンクベージュ です)



性別問わず、年齢問わず愛用していただけるものです
(画像のゴヤージュは O-6166 ピンクベージュ です)

初回で5色の色を作製し、
それぞれ個性を持たせています。

カラーデータ  ゴヤージュ 43□25
ディープオレンジ (224-1766T)
ブラック (M59-551)
ピンクベージュ (O-6166)
ライトグレークリア (L9120T)
ブラウン横流れA (T36703T)



5つの色それぞれに個性が
(画像のゴヤージュは 224-1766T ディープオレンジ です)



今回のゴヤージュ、
フォルム造形、そしてパーツ造形の面で、
特に他メーカーのものよりも優れた点としては




「鼻部分の斜めカット」



「ダブル段差テンプル」

の2つがあります。




日本人の鼻に合うように厳選した形状の
鼻パッドを使用していますが、
その台座部分には「斜めカット」が入っています。






正面から見て斜めにカットされたことで、
ボリュームを減らし、
正面から見た印象と、
斜めから見たボリューム感を
少なくすることに成功しています。














そしてさらなる特長としまして、
「ダブル段差テンプル」があります。



このテンプル型は、

「ヨーロッパ系の
 アンティーク風セルフレーム」


に見られる形であり、
同時に、

「若者や子供向きメガネへの、
 特にスタイリッシュなメガネ」


にもときおり見られる、
直線的な段差の付いたデザイン。


形そのものは、
お洒落を追求したかのような形状ですが、

セルフレームにこの形状を使用した場合には、

フィッティング性能を特別に高める効果
があるのです。


上ラインの段差がひとつ、
下ラインの段差がひとつ、
それぞれの段差のところで、
テンプルラインの高さの調節
ができるのです。

くわしくは店頭にてご確認ください。




その台座部分には「斜めカット」が入っています
(画像のゴヤージュは 224-1766T ディープオレンジ です)



斜めにカットされたことで、ボリュームを減らし・・・・・・
(画像のゴヤージュは 224-1766T ディープオレンジ です)



斜めから見たボリューム感を
少なくすることに成功
(画像のゴヤージュは 224-1766T ディープオレンジ です)




「ダブル段差テンプル」の秘密とは
(画像のゴヤージュは M59-551 ブラック です)



それぞれの段差のところで、
テンプルラインの高さの調節ができるのです
(画像のゴヤージュは M59-551 ブラック です)



先っぽのデザインは、
ボリューム的な整合性のためのスタイル

(画像のゴヤージュは M59-551 ブラック です)



〜各カラーについて〜



ゴヤージュの持つ、
ヨーロッパ風のアートな雰囲気を
もっともよく表現するカラーは、
このディープオレンジ (224-1766T) でしょう。


「メタルスキン」とい呼ばれる、
金属の皮膜を思わせる、とても薄い層を、
プラスチック素材の中に入れた状態で
アセテート板を成形。


現在の、プラスチック系フレームの代表格といえる、
「アセテート」素材の中でも、
最高級の質感を持つ工場での仕上がり。


「メタルスキン」のにぶいオレンジを中央部に挟み、
前面にクリアなライトパープル、
続いてクリアな黄緑系のカーキ、
を配置。クリアなので、光を透過。

この2つの色によって、
複雑な質感を手に入れるのですが、
続くメタルスキンのにぶいオレンジは、
金属的質感のため、光を透過しません。


クリアパープルとクリアカーキ、
2色の入り交じった微妙な色の奥に、
金属質感のディープオレンジ。
その奥にはにぶいオレンジが使われ、
裏面となっています。

腕(テンプル)はうって変わって
アートな「墨流(すみなが)し」という技法を使った
オレンジとなっています。
クリア地にオレンジの流れ模様のテンプル。
絶妙なアクセントとなっています。




金属の皮膜を思わせる、とても薄い層を、
プラスチック素材の中に入れた状態
(画像のゴヤージュは 224-1766T ディープオレンジ です)



前面にクリアなライトパープル、続いてクリアな黄緑系のカーキ、
を配置。クリアなので、光を透過。
(画像のゴヤージュは 224-1766T ディープオレンジ です)


クリア地にオレンジの流れ模様のテンプル
(画像のゴヤージュは 224-1766T ディープオレンジ です)



ブラック(M59-551)
真っ当さを全(まっと)うした
シンプルな黒です。

太めの腕が、
レトロ感とクラシック感を持ちます。


今回の新デザインのテンプルは、
「ヨーロッパのアート」と「古き良きクラシック」
の両方のイメージを持ちますが、

黒になれば「古き良きクラシック」のほうが
印象に強く表れてきます。


斜め横から見下ろしても、
角張った独特なるライン・形状が、
高級感を主張しています。


鼻部分の「斜めカット」によって、
正面のボリューム感は
適度に減らされており、
全体的なバランスの良さに
寄与(きよ)しているのです。




太めの腕が、レトロ感とクラシック感を持ちます
(画像のゴヤージュは M59-551 ブラック です)



黒になれば「古き良きクラシック」のほうが
印象に強く表れてきます
(画像のゴヤージュは M59-551 ブラック です)



角張った独特なるライン・形状が、高級感を主張
(画像のゴヤージュは M59-551 ブラック です)



全体的なバランスの良さに寄与(きよ)
(画像のゴヤージュは M59-551 ブラック です)



ピンクベージュという色(O-6166)は、
ベージュがかった淡いオレンジのボディに、
表面だけ「青みがかったラメ生地」を貼り合わせた、
とても不可思議な雰囲気を持つ色です。


単に「オレンジがかったベージュ」のみですと、
アンティークっぽい色合いになってしまい、
懐古調の色合いでもあるものです。

表面処理を施すことで、
ヨーロッパ調の雰囲気を
うまく出すことに成功しています。


ベージュのような、オレンジのような、
ピンクのような、
独特な色となっています。

見る角度によって変化する色合い。
女性にピッタリなイメージを持っています。


真上から見れば、
このセル生地は、
前にわずかにクリアなピンクパープル、
後ろ側にオレンジベージュが配置されています。

基本的に「クリア系」の色を使っていることで、
透明感ある涼しいデザイン主張となっています。




ベージュがかった淡いオレンジのボディ
(画像のゴヤージュは O-6166 ピンクベージュ です)



表面だけ「青みがかったラメ生地」を貼り合わせた、
とても不可思議な雰囲気を持つ色

(画像のゴヤージュは O-6166 ピンクベージュ です)



ベージュのような、オレンジのような、ピンクのような、独特な色
(画像のゴヤージュは O-6166 ピンクベージュ です)



真上から見れば、このセル生地は、
前にわずかにクリアなピンクパープル、
後ろ側にオレンジベージュが配置

(画像のゴヤージュは O-6166 ピンクベージュ です)



基本的に「クリア系」の色を使っていることで、
透明感ある涼しいデザイン主張となっています
(画像のゴヤージュは O-6166 ピンクベージュ です)



ゴヤージュには 
クリアグレー(L9120T)という色もあります。

これは、フロントカラーに
クリアグレーを、
腕(テンプル)には、
クリアブラックを配したものです。


フロントに透明感のあるメガネが欲しい
という人でも、
腕(テンプル)まで透明になっては
似合う人の雰囲気がかなり限られてしまう
という事情がありましたので、
より万人受けする
コンビカラー
を採用しています。


フロントのクリアグレーは、
完全なクリアに比べれば、
変色やキズ・劣化に強く、
美観の長持ちがしやすい色だといえます。

手に入れた以上は
長持ちさせて使いたいというのが、
リアルユーザーの使用を考えた
コンセプトだといえるでしょう。




フロントカラーにクリアグレーを、
腕(テンプル)には、クリアブラックを配したもの
(画像のゴヤージュは L9120T クリアグレー です)



万人受けする
コンビカラーを採用
(画像のゴヤージュは L9120T クリアグレー です)



変色やキズ・劣化に強く、
美観の長持ちがしやすい色
(画像のゴヤージュは L9120T クリアグレー です)



リアルユーザーの使用を考えたコンセプト
(画像のゴヤージュは L9120T クリアグレー です)



5つめのカラーの
ブラウン横ナガレA(T36703T)は、
独特なアートの雰囲気を持つ、
一風変わった茶色系統の色。

腕にボリュームある色…
グースブラウンを採用しています。

薄茶、クリア、黒 の、
3つの色を細く伸ばして横流れにしたもの。

「水鳥の羽根」のイメージを持つ、
深みある色使いが、
地味に存在感を主張します。



前の茶色も、横流れの紋様というこだわり様。
微妙な濃淡を持ち、
質感を主張します。


ちかぢか、ブラウン横流れB(T36703)というのも
入荷予定ですが、
そちらはフロントと腕(テンプル)が同じ色、
茶色横ナガレ模様となっています。
そちらは素直な組み合わせ。




5つめのカラーのブラウン横ナガレA
(画像のゴヤージュは T36703T ブラウン横流れA です)



独特なアートの雰囲気を持つ、
一風変わった茶色系統の色
(画像のゴヤージュは T36703T ブラウン横流れA です)



腕にボリュームある色…
グースブラウンを採用
(画像のゴヤージュは T36703T ブラウン横流れA です)



薄茶、クリア、黒 の、
3つの色を細く伸ばして横流れにしたもの
(画像のゴヤージュは T36703T ブラウン横流れA です)



前の茶色も、横流れの紋様というこだわり様
(画像のゴヤージュは T36703T ブラウン横流れA です)



微妙な濃淡を持ち、
質感を主張
(画像のゴヤージュは T36703T ブラウン横流れA です)
ゴヤージュ
各カラー紹介
43□25
↑ ダークブルー カラー(TJ4965)
フロント:ダークブルー流れ  腕:ダークブルー流れ

↑ カーキ カラー(TJ4997)
フロント:ライムカーキ流れ  腕:ライムカーキ流れ

↑ ブラック カラー(M59-551)
フロント:ブラック  腕:ブラック

↑ ビール茶 カラー(L8400T)
フロント:ビール茶  腕:茶流れ

↑ クリアミッドグレー カラー(M59-037T)
フロント:青みがかったクリアミッドグレー  腕:青みがかったダークグレー
写真撮影者 : 白い背景の画像は、
スマイルメガネ研究舎 盛岡MOSSビル店さんのご協力です。
(それ以外の画像はアイトピア撮影です)

強度近視用のおしゃれなメガネフレーム
のコーナーの目次に戻る


トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る

トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには
この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。