TOP 大阪府・メガネのアイトピア
ウスカルのアンティーク、
累進レンズにも対応の「ベンデミル」
●● トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには ●●


「ベンデミル」は、
遠近両用など累進レンズに対応


ウスカルメガネフレームとは
すなわち、
強度近視のレンズを薄く軽くするために、
レンズを極限まで小さめにするという
つとめて機能的な発想
によるメガネフレーム。

そんな
強度近視のウスカルメガネフレーム
から、

「ベンデミル」
というモデル名を持つメガネフレームが
登場です。


アンティークな
ウスカルフレーム
ベンデミル


メーカー参考小売価格 ¥27000+消費税


「遠近両用など累進レンズに対応の
 ウスカルメガネフレーム」
とは、
レンズ部の上下幅が
30ミリ前後はあるという、
上下に深めの玉型の
フレームデザイン

のメガネのこと。


ベンデミルは、レンズ上下が
34mmはあるので、遠近両用に楽々と対応。
そういう「遠近両用」などのメガネではない
メガネとしても、
「レンズ上下幅の広いアンティークなメガネ」
として掛けこなせるところが、
この「ベンデミル」の
嬉しいポイント
です。



ベンデミルは、強度近視に適したデザイン、かつ
遠近両用など累進レンズに好適
(画像のベンデミルは、カラー1 アンティークブラウン転写 です)




広い上下幅は、アンティークな表情を作る
(画像のベンデミルは、カラー1 アンティークブラウン転写 です)


ウスカルメガネフレームとして、
機能的に優れた
「41□23」というサイジングを持つ、
メガネです。


フレームサイズ

41□23


41□23のサイジングですと、
フレームPDは64となります。



フレームPDが64ということは、
目と目の間の幅(PD)が、
60〜64mmくらいのひとに、
このベンデミルは適するサイジング
ということになります。





日本人男性の平均PDが66mmのため、
日本人男性ならやや小さめのPDの持ち主、


日本人女性の平均PDが64mmのため、
日本人女性なら平均的なPDの持ち主、


にベンデミルはピッタリと合うサイズです。





「PD」 とは
目と目の間の幅のことです


「フレームPD」 とは
メガネフレームの目と目の間の幅への
対応幅の目安サイズのことです




ベンデミルは、フレームPDが64という規格のサイズ
(画像のベンデミルは、カラー1 アンティークブラウン転写 です)




目と目の間の幅(PD)が、60〜64mmくらいのひとに
(画像のベンデミルは、カラー1 アンティークブラウン転写 です)



デザインは、正統派の
チタン製アンティーク・ボストン。

かつてオリジナルとして出した、
「ベンジャミン-T」というモデルと、
同じ玉型を採用し、
やや小型の「ベンジャミン-T」
として復活させたのが、
この「ベンデミル」です。

玉型サイズが「41□23」という数値で、
ベンジャミン-Tの「42□24」と比べて、

●レンズの横幅が1mm短い数値
●鼻幅が1mm長い数値

という違いがあります。




かつてのオリジナル、ベンジャミン-Tと同じ玉型を持つベンデミル
(画像のベンデミルは、カラー1 アンティークブラウン転写 です)

ベンジャミン-Tが、
フレームPD66で、

ベンデミルが、
フレームPD64なので、

ベンジャミン-Tに入れたレンズを
ベンデミルに入れ替えるのは、
お勧めできません。
(目と目の間の幅が変わってしまうのは
 よろしくないです)

レンズの横幅が1mm短い点は、
チタン素材の厚みなどなどの、
ちょっとした都合
ですので、あまり気にしなくてもよい感じです。

鼻幅が1mm長い点は、
本質的には、2mmほど、
ベンジャミン-Tよりも
ベンデミルのほうが、フレームPDが短いですので、
気にしないといけないところです。

ベンジャミン-Tと、ベンデミルは、
サイズ帯が、はっきりと違います。




ベンジャミン-Tに入れたレンズを、
ベンデミルに入れ替えるのは、お勧めできません
(画像のベンデミルは、カラー5 ブラックミディアム です)



ベンジャミン-Tよりも、ベンデミルのほうが、フレームPDが短い
(画像のベンデミルは、カラー5 ブラックミディアム です)


ベンジャミン-Tの玉型の特徴は、
正統派ボストンの中でも、
目尻側に広がったカーブを持つ玉型

なところです。



目尻側に広がったカーブを持つ玉型
というのは、
レンズの鼻側の下部丸みの面積よりも、
耳側の面積の下部丸みの面積のほうが
少し広いカーブ

ということです。

末広がり型(ティアドロップ寄りの型)だ
と言い換えてもいいですが……



目尻側に広がったカーブを持つ玉型
だと、
少し強そうなフォルム・スタイル性
になります。


「ベンジャミン-Tやベンデミル」に比べて、
ウスカルフレーム・オリジナルの
「マクシミル」は、
目頭と目尻に同じ広がりのカーブを持つ玉型
です。



すなわち、マクシミルよりも
ベンジャミン-Tやベンデミルのほうが

少し強そうなフォルム・スタイル性
のデザインに向く玉型だ
ということになります。




目頭側の下部よりも、目尻側の下部のほうが、拡がっている
(画像のベンデミルは、カラー7 アンティークシルバー です)




末広がり型の下部の丸みを持つボストン玉型です
(画像のベンデミルは、カラー7 アンティークシルバー です)

ベンデミルは、
強そうな玉型を持つボストンフレームで、
ベンデミルの玉型には、
強そうなパーツを使って
メガネ作りをしたほうが、
よく合う!


ということです。


今回のベンデミルに使われている
各部のパーツは、
強そう(というか、かっちりとしたクラシック調な)

ものを選んで再構成されています。

懐古調のいぶし銀。
渋(しぶ)いアンティークな
ボストン眼鏡フレーム

として、ベンデミルは、その姿を現したのです。

ウスカル会」のオリジナルフレームとして、
リリースされています。

福井県鯖江市からの、
チタン製のメイドインジャパン。


モデル名は、
Bendemil (ベンデミル)
です。



末広がり型の下部の丸みを持つボストン玉型です
(画像のベンデミルは、カラー9 アンティークシルバー転写 です)


色は4色。
「懐古調」を重視したイメージを大切にし、



シックなカラーを選定。


カラー1 が アンティークブラウン転写。
カラー5 が ブラックミディアム。
カラー7 が アンティークシルバーマット。
カラー9 が アンティークシルバー転写。

いずれもベンデミルの安定感あるカラーです。


フレームサイズは、
41□23 (フレームPDが64)
で、目の中心と目の中心の間の幅が
60〜64ミリ
(かなり多くの日本人に適合)
の人向けです。


フレームフォルムは
鼻部分には、
クラシックなパーツを選定し、
腕部分には、
丈夫さを感じさせる安定のパーツをチョイス。

「リム」と呼ばれる、レンズ周りには、
重厚感あるパーツをチョイスして、
高級感と風合い、
そして堅牢性を高めています。


静かなる存在感を主張するアンティークフレーム、
それがベンデミルの持ち味です。


カラーデータ    ベンデミル
●41□23サイズ
・アンティークブラウン転写 カラー1
・ブラックミディアム カラー5
・アンティークシルバーマット カラー7
・アンティークシルバー転写 カラー9


カラー展開が
カラー1
カラー5
カラー7
カラー9
という奇数展開なのは、
もし今後、リムだけ違う色の別カラーとか、
そういう「アレンジカラー」を出すことがあった場合に、
カラー8やカラー6などの偶数を使ったり、
そういう目的で割り振ってあるだけで、
特に深い意味はありません。



薄く鈍いアンティークブラウンをベースにした色
(画像のベンデミルは、カラー1 アンティークブラウン転写 です)




ツヤ消しはツヤ消しですが、潤(うるお)いを帯びたブラック
(画像のベンデミルは、カラー5 ブラックミディアム です)




これぞビンテージ、な質感を出すことに成功
(画像のベンデミルは、カラー7 アンティークシルバー です)




アンティークシルバーのボディに、フロントリムの茶色転写を追加
(画像のベンデミルは、カラー9 アンティークシルバー転写 です)



アンティークブラウンは、
薄茶系統の渋い色となって


4つある色のひとつ。

つやなし加工をした
アンティークブラウンということで、
横方向に細かいヘアラインの入った、
茶色系統の色になっています。

そこにフロント部分に、
茶色の転写模様を入れていますが、
茶色の転写模様そのものも、
横方向への横流れとなっています。

今回のベンデミルの、
クラシック感、アンティーク感を、
もっとも強く表す色となっています。




つやなし加工をした、アンティークブラウン
(画像のベンデミルは、カラー1 アンティークブラウン転写 です)



茶色の転写模様そのものも、横方向への横流れ
(画像のベンデミルは、カラー1 アンティークブラウン転写 です)




ブラックミディアムは、
腕にツヤありのシルバーを持つ変わり種



ツヤありと、
ツヤなしの中間の性質を持つ、
しっとりと潤(うるお)いを帯びた
黒をフロントカラーに使ったカラーです。

フロントと、
智(ち)と呼ばれるサイドパーツに、
黒を配し、
腕には、
ツヤありのアンティークグレーを使用。

微細なヘアラインの入った、
ツヤを持つシルバーグレーを使うことで、
短調な黒いメガネから、

味わいある表情豊かな
クラシカル眼鏡へと、
変化を遂げています。





黒をフロントカラーに。 腕には、
ツヤありのアンティークグレーを
(画像のベンデミルは、カラー5 ブラックミディアム です)


微細なヘアラインの入った、ツヤを持つシルバーグレー
(画像のベンデミルは、カラー5 ブラックミディアム です)



アンティークシルバーは、
色の濃淡の出た味わい深さが身上


ツヤ消しのアンティークシルバーは、
まるでアート作品のような
色の濃淡を獲得(かくとく)。

フレンチのイメージを持つに至(いた)る、
この濃淡差は
独自の味わい深さを持つ個性が
身上(しんじょう)です。




ツヤ消しのアンティークシルバー
(画像のベンデミルは、カラー7 アンティークシルバー です)



この濃淡差は、独自の味わい深さ
(画像のベンデミルは、カラー7 アンティークシルバー です)



アンティークシルバー転写は
安定感を最も高く持つ


カラー9のアンティークシルバー転写は、
カラー7のアンティークシルバーに、
濃い茶色のフロント転写を入れたものです。

カラー1が、鈍く渋いアンティークブラウンなので、
カラー1とカラー9は、印象がけっこう似ています。

ツヤ消しのアンティークシルバーと、
濃い茶色の横流れの転写模様の
組み合わせは、懐古調のメガネとしては、
もっともよく見られる安定感の高い組み合わせ
となっています。




カラー1とカラー9は、印象がけっこう似ています
(画像のベンデミルは、カラー9 アンティークシルバー転写 です)



懐古調のメガネとしては、
もっともよく見られる安定感の高い組み合わせ

(画像のベンデミルは、カラー9 アンティークシルバー転写 です)


ベンデミル
各カラー紹介



アンティークブラウン転写 (1番カラー)




ブラックミディアム (5番カラー)



アンティークシルバー (7番カラー)



アンティークシルバー転写 (9番カラー)
正面写真 : 岡本 真行

強度近視用のおしゃれなメガネフレーム
のコーナーの目次に戻る

トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る

●● トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには ●●
この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。