TOP 大阪府・メガネのアイトピア
丸メガネのフレンチクラシック風、
シリングが登場
トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには


フレンチスタイルを意識した
クラシック(古典的)の丸メガネとは



クラシック(古典的)といっても、
いろいろな国の伝統調があります。

アメリカンシガーの香りただよう米国調、
規律正しい英国調のトラディショナル、
そんな古典的なものの中でも、
ひとつの流れを組む・・・・・・

フレンチクラシックの
イメージを持つ丸メガネが、
丸メガネ研究会』のオリジナル企画にて、
当店アイトピアに登場です。


丸メガネで
チタン製で、

フレンチな
懐古風?


いにしえの『ラウンドフレーム』。
そんな“丸眼鏡”の中でも、
チタン製にて登場の、
オリジナル企画のメタルフレーム。

フレンチクラシックのイメージを
踏襲(とうしゅう)した丸メガネを
ご紹介します。

モデル名は“シリング”といいます。




フレンチ風の丸メガネ、
その名もシリング!


シリングは、
フォルムや各所のパーツが、
フレンチクラシックなイメージのものをセレクト。

わかる人にはわかる、
鉄系の金属の質感を再現した
シブい風格のただようスタイリング。




シブいフレンチシックな
コレクション!


そして腕の部分には、
“ミゾ掘りタイプ”の特殊な
部品パーツを採用。

近くに寄ってよ〜く見ると、
横方向にすっすっと、
ミゾが彫り込まれているので、
とてもスマートかつクラシックに
見えるのです。




腕をよく見ると、
横方向にミゾが入っているのが見える!!

シリングのサイズは41□27で、
やや大きめの顔にも対応できる、
ふところの深いサイジング。

レンズが42mmのパンテオンやゲンジでは、
やや大きく感じ、
40mmのナゴンやアソンでは小さく感じる……
というかたには、もってこいの絶妙なサイズが
41mmなのです。


シリングはPDが64ミリ〜68ミリの人に
好適な大きさですが、
これは日本人男性の一番多い
PDをカバーしている寸法なのです。


シリングのレンズの天地幅は
39ミリとなっていて、実際は
「まん丸に見える楕円形」なのです。

しかし、真円の丸メガネをご希望のかたには、
真円シリング、にもできます。
その場合には、玉型サイズは
40×40となります。


サイズ
41□27 (40□27)
フロント部総横幅
133ミリ



メーカー参考小売価格 ¥26000+消費税



色は4色にて展開。

チタン無垢の「チタンシルバーマット」から、
鋼鉄の質感の「ビンテージシルバー」まで、
カラー1〜カラー4の
総計4種類の
個性的なラインナップ!



色構成
カラーナンバー1 チタンシルバーマット
カラーナンバー2 ナチュラルブラック
カラーナンバー3 ビンテージゴールド
カラーナンバー4 ビンテージシルバー




風合い豊かな色合いです。




多くの色をラインナップして、
堂々の風格。





暖かい色も、
もちろんあります








それでは、
4種類の色を
1つづつご紹介
してゆきましょう。






一つ目は、
「ある意味でもっともピュアな色」
かもしれません、
チタン無垢の
“チタンシルバーマット”です。

















この画像のいちばん上の色・・・・・・



このシルバーカラーは、
チタンシルバーマットです。



チタン無垢の衝撃


まずご紹介は、
カラーナンバー1の
「チタンシルバーマット」となります。


チタンにメッキ処理を加えずに
製品化することに成功した、
ほんとうのチタンの地の色であります。




ほんとうのチタン無垢です。


色目はベーシックなグレー味を帯びた
シルバー。
メッキしておりませんので、
例えこすれたとしても、
メッキが落ちることはありません。




アレルギー対策にも有効かも、
こだわる人に人気の、
チタン無垢のシルバーカラー


質感そのものも、
光沢を押さえた梨地仕上げで、
金属本来のなめらかさを持った、
やわらかな表面感です。

メガネの産地、
福井県鯖江市の

チタン造形技術でもって
仕上げられた、名品といえましょう。




無垢そのものの質感と
触り心地(さわりごこち)。



ナチュラルブラックは
人肌に自然に馴染む



黒系統のカラーのご紹介です。
ナゴンの黒に採用したマット加工でもなく、
アソンの黒に使ったつやあり加工でもない、
独特のナチュラル質感のブラック。
本会のオリジナル枠の中でも、
初めて出現した、微妙なブラックカラーです。




ナチュラルな黒です


黒はそのメガネのデザインの、
本来の姿をむき出しにさらけ出す。

というわけで、
このメガネフレームの魅力のひとつである、
腕部分の横方向のミゾ
が見事に浮き上がって見えますね。




腕の部分に、タテに長く走ったミゾが!


近くで見ても、
やっぱり黒。

とってもベーシックな
黒の表面感ですね。
奇をてらわない、ナチュラルなブラック。





ビンテージゴールドは、
よく見るとすごい秘密が・・・・・・



ビンテージカラーも充実です。

このビンテージゴールドは、
ぱっと見ますと、
「え?これがゴールドなの?」
というような、シブい雰囲気をしています。





え、これがゴールドなの?


よくよく見てみますと、
ビンテージゴールドの本来の特色を、
もっともよく引き出した
ビンテージゴールド
であることがわかるのです。




よ〜く見ると、
たしかにゴールドですね。


ビンテージゴールドとはもともと、
メガネ工場でメッキするときは、

まずガンメタリックなグレーを表面に塗ってから、
ゴールドカラーを
塗りつけるように
シャッシャッとまぶしていく
ようです。

そのため、
へこんだところはガンメタルグレーが
ところどころそのまま残り、
表面の目立つ部分だけが
シブいゴールドカラーに塗られる
のですが・・・・・・




福井県のメガネ工場にて、
表面から塗りつけられていくゴールドメッキ!


今回の「シリング」は、
腕部分のミゾのところが
へこんでいるため、
ビンテージゴールドに限っては、
ガンメタリックグレー×しぶいゴールド
という、ペア配色のごとき
雰囲気となっているのです。

へこんだところは
ガンメタルグレー、
へこんでいないところは
ビンテージゴールドというわけです。

これまでになかった雰囲気!




へこんだところと、
へこんでいないところが別の色に・・・・・・



ビンテージシルバーは、
新たなる境地を切り開く



4つめのご紹介はこのカラー。

ビンテージシルバーなる、
期待の大人気カラーです。




期待の大人気カラー!



鋼鉄の色に最も近い、
フレンチクラシックの魅力を
最大限に発揮したこのカラー。

もっともクラシックな色
と言ってもいいかもしれません。




もっともクラシックな風合いを・・・・・・


横方向にブラッシングをかけられた
ミッドグレーのディープなシルバーカラーは、

丸メガネ世界のスタンダードともいえるほどの、
物言わぬ存在感を示しています。




スタンダードなミッドグレー


どんな洋服にもほとんど合いますし、
ほとんどの日本人の顔を、
エレガントクラシックに
彩(いろど)ってくれることでしょう。




エレガント・クラシック!

シリング
各サイズの各カラー紹介


チタンシルバー (1番カラー)



ナチュラルブラック (2番カラー)



ビンテージゴールド (3番カラー)



ビンテージシルバー (4番カラー)
正面写真 : 原 靖宏

丸メガネ
のコーナーに戻る

トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る

トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには
この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。