TOP 大阪府・メガネのアイトピア
鼻が低めな人のための丸眼鏡、
ラウンドセルフレーム「オロイド」が入荷
トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには


鼻が低めな人に、
セルフレームの「オロイド」を開発



今回、新基軸の企画としまして、
「オロイド」と名付けられたセルフレームが、
鼻の低めな人のためのデザイン丸メガネ
として開発されています。


鼻の低めな人のための
デザイン丸メガネ



丸メガネは、比較的に日本人に似合いやすい型
とは言われますが、
鼻の高さは、高めな人ほど、
似合いやすいものです。



特にセルフレームはそういう傾向があります。
なぜなら、丸メガネのセルフレームは、
鼻パッドの位置を低くすると・・・・・・



ブリッジ(レンズとレンズの間の中央の棒)
まで低く位置づけて設計するしかなく、
なかなかバランスよく造形することが
難しくなるためです。



鼻パッドの位置を、
かなり広く付ければ、
造形は簡単になります。
しかし広い鼻パッドの幅ですと、
鼻の高い人専用になってしまいます。



日本人の中でも、
「子供さん」「女性」「丸顔の人」
「鼻の筋の細い人」「小顔の人」
などは、鼻が低くなりやすい条件です。
(これらの条件でも鼻の高い人はいますが)



鼻根(びこん)と呼ばれる、
メガネの鼻パッドが乗る部分が、
かなり低い人でもかけこなせる
丸メガネのセルフレーム
は、意外なほどに作るのが
難しい条件でした。



もし
「子供さん」「女性」「丸顔の人」
「鼻の筋の細い人」「小顔の人」
のすべての条件が揃っていたりする、
超鼻の低い人
でも、ちゃんとかけこなせる
丸メガネセルフレーム。



そんな
「鼻の低い人の救世主」
となるフレームの開発を永年、考えてきましたが、
ようやく実を結んだのがこの
「オロイド」と名付けられた
新型ラウンドセルフレーム
となっています。





鼻パッドの位置を低くした
特別設計の丸メガネ
(画像は、カラー 3627 フランスデミ です)




鼻パッドの位置だけでなく、
ブリッジの位置も低く設計
(画像は、カラー 610228 茶マダラタイマイ です)



「子供さん」「女性」「丸顔の人」
「鼻の筋の細い人」「小顔の人」
などは、鼻が低くなりやすい条件
(画像は、カラー 830645 茶マダラキハクグラデ です)



鼻根(びこん)と呼ばれる、
メガネの鼻パッドが乗る部分が、
かなり低い人でもかけこなせる
(画像は、カラー M59-551 ブラック です)



意外なほどに作るのが
難しい条件でした
(画像は、カラー VG336 山吹クリア です)



超鼻の低い人でも、ちゃんとかけこなせる
丸メガネセルフレーム
(画像は、カラー VGS498 赤茶バラフ です)


「鼻パッドの位置を低く作る」
「ブリッジの位置を低く作る」
「鼻パッドの幅を狭めに作る」
「でもレンズ型はやや小さめで」

これらの条件を満たす
丸メガネセルフレームは
皆無に近い状態でしたが、


いくつかのテクニックを駆使して、
「オロイド」の完成にこぎつけています。

これまでのオリジナルセルフレーム開発の
ノウハウを詰め込んだ結果としての
鼻の低い人のための珠玉のテクニック。

「鼻パッドを位置を狭めるための『スペース寄せ』」
「前から見たボリュームを削るための『斜めカット』」
「ボリュームある鼻パッドを搭載するための『太さ設計』」
「顔の小さい人も小さくない人も対応できる『智サイズ設定』」
「顔の丸い人もそうでない人も対応できる『腕のデザイン設定』」
などなど、
さまざまな経験値にもとづくテクニックを盛り込み、
やっとのことで開発されたのが
この「オロイド」なのです。






レンズ玉型サイズは、
レンズ一枚の横幅が44mmです。
(レンズ天地幅は42mmです)

このサイズは、丸メガネセルフレームの中では
小さい部類に入ります。

丸メガネは、
レンズが大きいと、文学者的なイメージになり、
(大きすぎると喜劇役者的になります)
レンズが小さいと、数学者的なイメージになります。
(小さすぎると、精密な何かを扱う人に見えます)

このオロイド、
丸メガネセルフレームとして
やや小さめのレンズを持ちながらも、
鼻の低い人にかけこなすことができる。
まさしく奇跡とも言える条件を
兼ね備えているのです。


サイズ オロイド
44□22 天地幅42


メーカー参考小売価格 ¥26000+消費税




「鼻パッドを位置を狭めるための『スペース寄せ』」
(画像は、カラー M59-551 ブラック です)



「ボリュームある鼻パッドを搭載するための『太さ設計』」
(画像は、カラー VG336 山吹クリア です)



さまざまな経験値にもとづくテクニックを盛り込み。
やっとのことで開発
(画像は、カラー VGS498 赤茶バラフ です)




鼻パッドの位置は、
普通に設計するよりも「内寄せ」となるよう
デザインフォルムを工夫。
これによって
レンズ型を無理なく小さくし、
クールな印象にシフトさせることに成功。



前から見ると、
鼻パッドの付いたあたりに、
「めだたない斜めカット」
を密かに施しており、
自然な見た目感を形成。



枠部分(わくぶぶん)のボリュームを、
通常のセルフレームよりも
少し多めにしてあり、
クラシカルな丸メガネにふさわしいスタイル
を形作っています。



形状はオーソドクスな丸メガネですが、
智(両サイド)の張り出しを少なめにし、
小顔の人への対応力をアップし、
同時に小顔に見えるようにもしています。

でありながら、
顔の丸い人への対策も同時に完備。
テンプル(腕)を長く伸びやかに、
フィッティング調整のしやすい形状のものに
デザインしたことで、
曲げを加えての調整を行い、
顔の丸い人への、
横への広がりにも対処できるようにしています。





このオロイド、
サイズは44□22で、フレームPDは66。
丸メガネ研究会のセル枠の中では
平均的なフレームPDを持ちます。

日本人の中でも平均的な
PD(瞳孔間距離)が61〜66のかたに
適合します。

フロント部総横幅は127mmですが、
その小型に属するサイズとはうらはらに
顔幅は中程度から、やや小型のかたまで合います。



スタイルはフレンチ系のラウンドセルフレームを踏襲。
古きよきフランス・ヨーロッパのクラシックを再現。
これまでになかった造りでありながら、
懐古調の雰囲気でかけこなせるものです。







レンズ型を無理なく小さくし、
クールな印象にシフト
(画像は、カラー 3627 フランスデミ です)



自然な見た目感を形成
(画像は、カラー 610228 茶マダラタイマイ です)



枠部分(わくぶぶん)のボリュームを、
通常のセルフレームよりも少し多めに

(画像は、カラー 830645 茶マダラキハクグラデ です)



智(両サイド)の張り出しを少なめにし、
小顔の人への対応力をアップ
(画像は、カラー M59-551 ブラック です)



顔の丸い人への、
横への広がりにも対処できるように
(画像は、カラー VG336 山吹クリア です)



顔幅は中程度から、やや小型のかたまで合います
(画像は、カラー VGS498 赤茶バラフ です)


伸びやかなテンプル(腕)のラインは、
フィッテインング性能を高めるためのもの…

顔そのものの小さい人、
耳が頭の前のほうについている人の場合、
テンプルをソフト2段曲げにすることで、
自然な見た目でのかけこなしが可能になります。



オロイドは、
これまでの丸メガネセルフレームの中でも、
特に評判の高かった色を選んで
リリースしています。

合計6色をラインナップ。




特に茶色マダラ系のラインナップは充実し、
大人のラウンドセルフレームの世界を
演出してくれることでしょう。


黒もあります。
クラシックであろうとなかろうと、
基本の黒は外せません。




丸メガネ研究会』のオリジナルとして
開発されています。



丸メガネ上級者に人気の
山吹色系統の色もあり、
山吹クリアと名を付けています。
年齢を重ねることで、
味わいを増す亀の甲羅の脂質の色を
モチーフにしています。


他にも全体的に、
亀の甲羅の色を参考に、
イタリア・マツケリー社で作られた
最上級のアセテート素材を使用。

福井県鯖江市の倉で寝かせた
乾燥アセテート素材と呼ぶべき
伝説のマテリアル。



 


伸びやかなテンプル(腕)のライン
(画像は、カラー 3627 フランスデミ です)



これまでの丸メガネセルフレームの中でも、
特に評判の高かった色を選んでリリース
(画像は、カラー 610228 茶マダラタイマイ です)



大人のラウンドセルフレームの世界を演出
(画像は、カラー 830645 茶マダラキハクグラデ です)



クラシックであろうとなかろうと、
基本の黒は外せません
(画像は、カラー M59-551 ブラック です)



年齢を重ねることで、
味わいを増す亀の甲羅の脂質の色
(画像は、カラー VG336 山吹クリア です)



他にも全体的に、亀の甲羅の色を参考に
(画像は、カラー VGS498 赤茶バラフ です)



フランスの風合いを伝えうる色、
として、真っ先に候補に挙がったのが
カラー 3627 フランスデミ。
黒に近いマダラの中に、
茶色系統の色合いが、
ほの見えます。

最もコントラストのある色、
カラー 610228 茶マダラタイマイ。
圧巻のコゲチャとキハクのハーモニー。

その次にコントラストのある色、
カラー 830645 茶マダラキハクグラデ。
この色も根強い人気があります。


色品番
カラー 3627  フランスデミ
カラー 610228   茶マダラタイマイ
カラー 830645 茶マダラキハクグラデ
カラー M59-551  ブラック
カラー VG336  山吹クリア
カラー VGS498  赤茶バラフ


黒は定番
カラー M59-551はブラックです。

山吹クリア(VG336)は、
風合いを重ねたスタイルの表現。

赤茶バラフ(VGS498)も、
今回のフレンチシックな「オロイド」の世界に
ぜひとも加えたい色合いでした。




茶色系統の色合いが、ほの見えます
(画像は、カラー 3627 フランスデミ です)



圧巻のコゲチャとキハクのハーモニー
(画像は、カラー 610228 茶マダラタイマイ です)



この色も根強い人気があります
(画像は、カラー 830645 茶マダラキハクグラデ です)



黒は定番
(画像は、カラー M59-551 ブラック です)



風合いを重ねたスタイルの表現
(画像は、カラー VG336 山吹クリア です)



今回のフレンチシックな「オロイド」の世界に
ぜひとも加えたい色合い
(画像は、カラー VGS498 赤茶バラフ です)
オロイド
各カラー紹介



カラー 3627 フランスデミ



カラー610228 茶マダラタイマイ



カラー830645 茶マダラキハクグラデ



カラー M59-551 ブラック



カラーVG336 山吹クリア



カラー VGS498 赤茶バラフ
写真撮影者 : 今回の画像の提供は、オプティック・オベロンさんです

丸メガネ
のコーナーに戻る

トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る

トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには
この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。