TOP 大阪府・メガネのアイトピア
丸メガネの跳ね上げ式、
その名は「モービレ・n」
トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには 当店アイトピアへのお問い合わせ


丸メガネの跳ね上げ式、
「モービレ・n」が登場



お待たせしました!

多くのかたのご要望にお応えして、
丸メガネの跳ね上げ式ができました。

当店の店長が代表をつとめる
「丸メガネ研究会」と
「跳ね上げメガネ研究会」の
オリジナル共同企画による、
2サイズの跳ね上げ丸メガネです。

サイズは、
42□21 と 42□25 です。


近視系のかたは、レンズを降ろして
遠くを見、レンズを跳ね上げて近くを見ます。

正視〜遠視系のかたは、レンズを降ろして
近くを見、跳ね上げて遠くを見ます。

レンズには遠近両用や中近両用の累進レンズを
入れても便利に使えます。



サイズ設計:当店代表 岡本隆博


サイズが2サイズあり、
どちらも3色あります。


カラー1 : アンティークブラス

カラー2 : アンティークシルバー

カラー3 : ブラックマット


腕には純チタン、智とフロント部には、
新合金を使っています。

もちろん、Made In Japan です。

メーカー参考小売価格 ¥26000+消費税



「モービレ・n」の最大の特徴
跳ね上げ部分の秘密



この跳ね上げ式・丸メガネの
「モービレ・n」には、
当然のことながら
跳ね上げ機能がついています。


単式跳ね上げのシステムとなります。

上からモービレ・nをのぞいてみると、
確かに跳ね上げ蝶番部分が見えます。




跳ね上げると、
ご覧のとおり。




しかしそれでいて、
跳ね上げ部分は
極力目立たないように、

フラットなパーツを使って
仕上げているため、
正面からは
跳ねあげ部分がほとんど分からないほど。

メガネの産地・福井県鯖江市の
流石(さすが)のクオリティと言えましょう。


   (名称の由来)
       mobile:イタリー語で「動かせる」




跳ね上げ部分を、
極力めだたせない造りになっています。



カラー1のブラスとは


色について、
まずサイズの小さいほう(42□21サイズ)
の写真で
ご説明しましょう。

カラー1のアンティークブラスとは、
どのような色かともうしますと・・・・・・


黄銅(おうどう)
とも言われる金属素材がありまして、
その色を模したものです。




42□21サイズの、
カラー1のアンティークブラス。


黄銅は別名『真鍮(しんちゅう)』とも言われ、
真鍮は「ブラス」という洋名があります。

五円玉にも使われる、
我々日本人にとって
なじみの深いカラーです。


やや黄色身を帯びた温かみあるカラーは、
アンティークな風情を
強く感じさせてくれます。



五円玉にも使われる黄銅は・・・・・・

真鍮(ブラス)とも呼ばれるポピュラーな素材です


カラー2のアンティークシルバーとは


カラー2のアンティークシルバーは、
丸メガネでもっともよくみられる色です。

ヘアライン(髪のような細い線)
が無数に入った、
特徴的な処理のグレイシルバーです。




カラー3のマットブラックとは


カラー3はマットブラックです、
これまたポピュラーな色。

ふちどりの濃い色ですので、
輪郭線がはっきりと出ます。





大きいほうのサイズも


大きいほうのサイズである、
42□25のほうも、
色のラインナップは同じです。

カラー1のアンティークブラスに・・・・・・




カラー2のアンティークシルバーに・・・・・・




そしてカラー3のマットブラック。

いずれも丸メガネに適したカラーです。



丸メガネ
のページに戻る

トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る

トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには 当店アイトピアへのお問い合わせ
この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。
メガネのアイトピア店長・岡本隆博は、
全国の眼鏡屋さん向けの技術教育を行っております
大阪発・眼鏡学とは
(日本眼鏡教育研究所)