TOP 大阪府・メガネのアイトピア
メガネフレーム選びと、フィッティング技術
トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには 当店アイトピアへのお問い合わせ

機能的に問題のない枠(眼鏡フレーム)を品揃え

メガネの枠メーカーの人や
メガネデザイナーの人で、
フィッティングの理論や実際をきちんとわきまえて、
メガネをデザイン(設計)したり、製造したりしている人は、
残念ながら、きわめて少ないと言わざるを得ません。
実際にメーカーさんの作ってくる枠を見ていると、
そのことがよくわかります。

ですから、当然ながら、
メーカーが作って市場に出ているメガネ枠やサングラスの中には、
フィッティングのできないもの、
フィティングの困難なものが、
多々含まれています。

たとえば、腕が超弾力性だとか形状記憶だとかで、
いくら形を変えようとしても変わらないものは、
「フィッティング困難」か「フィッティング不可能」かのどちらかです。

特にそういう材質の腕で、しかも、
枠を真上から見たときに腕の主要部分が直線になっているというものであれば、
それは最悪で、これでは快適なフィティングは到底無理です。

そして、量販店の仕入れ担当者や、
中小規模の店の人でフィッティングをあまりできない人が仕入れをすると、
そういう「フィッティング困難な枠」を仕入れてしまうことが往々にしてあり、
それゆえに、いつまでたっても
「フィッティング困難」な枠の製造が続くことになります。

* 実際のところ、フィッティングに熟達したメガネ店の人間というのは全体の1割もいないでしょう。そのことは、これまで、他店で調整されてきたメガネを当店に持ち込まれた場合に、それを見て「上手にフィッティングがされているなあ」と感心するようなものは非常に少ないことからも明らかです。

また、いま、枠の玉型の天地サイズが浅いものが主流になっています。
その方がシャープでスマートな感じがするという理由のようですが、
しかし、装用者の必要な視野の広さの確保という点では、
天地サイズは26mm以上はほしいところです。

そうでないと、
少し視線を下ろした場合に玉型リムの下の部分が
視界にうるさく入ってくることになりがちです。



ですからアイトピアでは、
原則として天地サイズが25mmに満たないものは仕入れはしません。

(ただし、何らかの理由で他に代わるものがない枠の場合には
24mmでも仕入れる場合がたまにあります)



ともかく当店では、
単に「このブランドは人気があるから」とか
「いま、この形はハヤリだから」とか
「この素材はめずらしいものとしてアピールできるから」
とかいう理由だけで仕入れるということは避けて、
機能的にどうかということや
フィッティングがきちんとできるかどうかを十分に吟味して、
一品一品丁寧に仕入れをします。

そういうのは、
いわゆる量販店(大量一括仕入れ)や、
あるいは、ブランド主義やスタイル優先の品揃えで
特長を出すメガネ店とは逆の仕入れ方針になります。

これは、仕入れコストの点(安く仕入れられるかどうか)や、
ユーザーに対するアピール性の点では不利なのですが、
アイトピアでは、あくまでも
「メガネは使ってナンボのもの」
ということにこだわりを持ちつづけています。

トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る

トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには 当店アイトピアへのお問い合わせ
この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。
メガネのアイトピア店長・岡本隆博は、
全国の眼鏡屋さん向けの技術教育を行っております
大阪発・眼鏡学とは
(日本眼鏡教育研究所)