TOP 大阪府・メガネのアイトピア
一山メガネ
トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには 当店アイトピアへのお問い合わせ

一山メガネというのは、パッドがなくて
一山という古風なブリッジを持つメガネのことです




一山メガネというのは、
ブリッジは一山ブリッジと言って、

鼻の側面ではなく
鼻梁に乗るブリッジを持つメガネのことを
言いまして、

わが国では戦前は
金属枠にはすべて一山のブリッジが
ついており、

いま普通に金属枠についている鼻当ては、
戦後になってからのものです。





一山メガネには、
下記のような長所と問題点があります。


長所


1)鼻当てが変形してしまうということがない。

 普通の金属フレームについているクリングスという足に、プラスチックの
パッドがついたものだと、使っているうちに少しずつ押されたり、
あるいは、強い衝撃が加わって、変形してしまうことがありますが、
一山ブリッジには、そのような変形が生じてくるということがありません。
ですので、一山メガネには、常にレンズと眼の距離を一定に保ったままで
メガネを使えるというメリットがあるわけです。


2)鼻の横にパッドが当たらない。

鼻の横にパッドが当たるということがないので、そこに圧力が
かかることによるその部分のへこみや皮膚の色の変色などが
生じる恐れがありません。


3)すっきりした外観

クリングスの金属足とパッドを持ったメガネよりも、
全体の中で目立つ「中央部」がすっきりとした外観となります。
また、そのレトロ感を気に入って、一山メガネを
愛好しているメガネユーザーのかたも少なくありません。




問題点

1)眼とレンズの間隔の問題

 普通のパッドつきのメガネであれば、たいていの場合は、パッドの
調整により眼とレンズの間隔(頂間距離といいます)を長めにしたり
短めにしたりの調整ができるのですが、一山ではそれは無理です。
ですので、一山メガネでは、初めに、
眼とレンズの間隔がうまくいきそうな枠を選ぶことが重要となります。
枠のフロント部分全体が正面から見て上過ぎたり下過ぎたりした場合も、
同様に、一山枠ではその修正はほとんどできません。

なお、ある一山枠をある人がかけてみて、
適切な頂間距離よりも長い場合には、どうにもならないのですが、
短めの場合は、よほど短すぎるのでなければ、ブリッジキャップを
→ブリッジキャップ
つけて、頂間距離を修正できるようになっている一山フレームが
最近増えてきていまして、一山メガネ研究会のオリジナルフレームは、
どれにでもブリッジキャップを付けることができます。


*ブリッジキャップは、色は3色、
  ライトブラウン・クリア・グレー
  の展開となっています。







2)鼻梁の跡形の問題

 かけていた一山メガネはずしたときに、
鼻梁に一山が乗っていた箇所には、多少の跡形が残ります。
 その跡形は、メガネ全体が重いほど、強く残りますので、
一山メガネは全体に軽く仕上げることが望ましいわけです。

 当店にあります一山メガネ研究会のオリジナルフレームは、
どれも純チタン製で軽いのですが、
レンズも重くしないために、
玉型の寸法を比較的小型に作ってあります。
 それでも、レンズで重くなってしまうことを防ぐために、
レンズは、比重が軽いプラスチックレンズを入れるのがよいのです。




これまでの一山メガネと
新しい一山メガネの違い



これまでの一山メガネには、簡単に言うと、いまの日本人にうまく合うものが
ほどんどなかったのです。

まず、ヨーロッパ製はといいますと、西洋人は鼻根が日本人とは比べ物には
ならないほどに高いです。
ですので、ヨーロッパ製の一山メガネを日本人がかけると、ごくごく一部の
鼻根が非常に高く盛り上がっている人を除いては、
レンズが眼に近くなりすぎて、まったく実用的ではありません。

では、日本製の一山メガネはどうでしょうか。

ヨーロッパ製の一山メガネとは逆に、これまでの、そして、
いまもいくつかのわが国のメーカーで生産されている、
日本製の一山メガネは、ブリッジの奥行き寸法が深すぎて、
よほど鼻根が低い日本人以外では、
頂間距離が長すぎてしまうのです。

頂間距離が長いと、光学的にいろんな問題点が生じます。

・フレーム視野が狭くなる。
・網膜像の縮小や拡大の程度が増大する。
・乱視矯正による網膜像のゆがみが増える。
・中等度以上の近視の場合は、矯正効果が低下する。


などなど、良いことはほとんどありません。


また、国産枠の一部には、ブリッジの奥行き寸法が調整できる一山フレーム
というのもあるようですが、可動部分の安定性(抜けることがないか?)や
もっとも奥行きを短くしたときでもまだ奥行きが深い、ということがないか?
とか、その構造により一山のブリッジの奥行きの問題が
すべて解決できたとはいえないようです。

そこで、当店にあります一山メガネ研究会の
オリジナル一山フレームにおいては、
特にブリッジの奥行き寸法に十二分の工夫を凝らして、

日本人においてごくごく一部の、鼻根が非常に高い人か、
あるいは逆に、ごくごく一部の、鼻根が非常に低い人を除けば、
9割以上の日本人に対しては、


・そのままか、

あるいは、

・ブリッジキャップをつけて、

……そのどちらかで適切な頂間距離となるようにしました。

また、モデルによって、ブリッジの奥行き寸法を微妙に変えてありますので、
あなたに一番ぴったりの一山フレームを見つけていただくことも
可能なわけです。





こちらもご覧ください
一山メガネ研究会


(サイズ:42□20と42□24の2つ  カラー:各4色)
ナーゾです。
オーバル型のレンズ型を持つ、
一山メガネフレームです。
鼻根が高い人に好適です。

       ↑サイズ:44□22  カラー:チタングレー
アソン・オーバル 
… オーバル(だえん型)タイプのメガネです。

4サイズあり、各4色あります。


(サイズ:43□21と43□25の2つ  カラー:各3色)

ドウグ・ノギスです。
アメリカンテイストなレンズ型を持つ、
一山メガネフレームです。

(サイズ:41□23  カラー:各5色)

キグ・シャフトです。
フレンチテイストなレンズ型を持つ、
一山メガネフレームです。


(サイズ:42□20と42□24の2つ  カラー:各4色)

キグ・スタビです。
フレンチテイストなレンズ型を持つ、
一山メガネフレームです。

(サイズ:Free□24とFree□30の2タイプ)
(カラー:シャンパンゴールドとシルバーグレーの2タイプ)
クラシコ・リベルト-O です。
腕は「レギュラータイプ」ということで、
ごく普通のタイプの腕です。

(サイズ:Free□24とFree□30の2タイプ
(カラー:シャンパンゴールドとシルバーグレーの2タイプ)
クラシコ・リベルト-O です。

腕は「ケーブルタイプ」ということで、
「縄手(なわて)」とも呼称された伝統的なタイプの腕で、
一山ブリッジとあいまって古風な雰囲気がかもし出せれています。


これらのほかにも、
当店には
いろいろな一山メガネがあります。


トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る

トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには 当店アイトピアへのお問い合わせ
この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。
メガネのアイトピア店長・岡本隆博は、
全国の眼鏡屋さん向けの技術教育を行っております
大阪発・眼鏡学とは
(日本眼鏡教育研究所)