不思議センスとは?(序説)



「不思議センス」ってなに?

似合う色のパターンと、
肌の色の濃さのバランスが、
ちょっとめずらしいタイプの人。

そういう
珍種の人たち
がときどきいます。





そういう人に限って、芸能人になったりすることが多いので、
とくにややこしいです。

めずらしい雰囲気をした人は、
俳優さんとしても特殊な使いかたができるので、
テレビ業界の仕掛け人たちもなんとなく、
あ、この人、俳優に向いてそう
と注目するのでしょう。





たとえば、
朝のテレビ番組などで
ときどき見るのですが、
「北陽」というお笑いコンビの、
背の高いほう。

虻川 美穂子(あぶかわ みほこ)さんというひとがいます。



この人は、
トークがぶっちぎりでオモシロい
…というわけでもなさそうだし、
どうしてテレビ番組でよく呼ばれて起用されるのでしょうか。

考えられるのはひとつ。
キャラが立ってるから
でしょう〜



このひとを「顔面カラーの法則」で考えてみると、
オレンジ色を着るとなぜか、
大メロメロ変身してしまう人と思われます。


つまり、
アンパンマン顔ということですね。
冬の夜の屋内の暖炉のような暖かさ。
最得意カラーは、
(スカーレット系とやまぶき色系の2色)
カジュアル得意カラーは
(サボテン緑とアメジスト紫)
リーダーに見えるという「パワフル先頭カラー」は、
赤色系
と黄色系
上級者向けの「ハイセンス強化カラー」は、
青紫
と緑色



子供に好かれる暖かいキャラクター。
しかも強烈にインパクトのある顔ですので、
お茶の間向けのタレントとして使いやすいのでしょう。


左側が、虻川 美穂子さん。
お笑いの世界は、
キャラクターが強いととても有利。




右側が、虻川 美穂子さん。
ディーゼルやトゥモローランドの洋服が、
もっとも似合う人物みたいです。






……というような、
ちょっとめずらしい雰囲気をした人物
が、芸能界にはときどきあらわれます。




広末涼子
河村隆一
長谷川京子
奥菜恵
深田恭子
安めぐみ
乙葉
渡辺麻里奈
矢田亜希子
阿部寛
松本潤
中谷美紀
沢口靖子
これらの人々などは、
めずらしいタイプだといえそうです。



この人たちが、洋服を自由自在に着こなすためには、
「不思議センス」
が要求されることでしょう。


0811254.jpg

広末涼子さん。
黒を基調カラーとして、
なかなか誰にも着こなしにくいような服を着用。
占い師の服?
「不思議センス」とは。
あるていど難しい色を着こなすときには、必ず必要なセンス。

誰でも、オシャレさんになるためには
必要なものですが、
めずらしい雰囲気をした珍種の人たちは、
洋服の世界を探しても
似合うアイテムが少ないので、



…………



なのでそのため、難しい色を似合わせるセンスが、
よりたくさ〜ん要求されるのです。
タイヘンですね〜



「不思議センス」とは、
その人の顔の“濃さ”などと、
洋服の色やデザインや素材の、
トーンを共鳴させることで得られる、
ファッションセンスの真の境地なのであります。






珍種の芸能人たち


似合いやすい色のパターンと、
肌の色の濃さ、
そして「隠しコード」
の、3つの組み合わせ。

(ここでいう「隠しコード」とはとりあえず、
「似合うブランドのタイプ」と思ってください)



この3つの配合が、
日本人の中で
めずらしいタイプが、
珍種の人たち
なのです。


名前 顔面カラー 肌の色 隠しコード
広末涼子 朱色 薄い 「エポカ・ディオール系」
河村隆一 朱色 薄い 「???系」
長谷川京子 朱色 薄い 「???系」
奥菜恵 オレンジ 薄い 「???系」
深田恭子 オレンジ 普通 「ディーゼル・トゥモロー系」
安めぐみ オレンジ 濃いめ 「ビームス・アローズ系」
乙葉 だいだい色 濃いめ 「APC・ドレステリア系」
渡辺麻里奈 ライムイエロー 薄い 「APC・ドレステリア系」
矢田亜希子 ライムイエロー 薄い 「APC・ドレステリア系」
阿部寛 サボテン緑 濃いめ 「ディーゼル・トゥモロー系」
松本潤 サボテン緑 薄い 「ディーゼル・トゥモロー系」
中谷美紀 緑色 薄い 「エポカ・ディオール系」
沢口靖子 緑色 薄い 「ディーゼル・トゥモロー系」






「顔面カラーが朱色」。
つまり、
コードネーム「雪の灯(ゆきのあかり)」
だった場合は、
ただでさえ人口の少ないこのタイプ。


その「朱色」の中でも、
「エポカ・ディオール系」と「朱色」。
この組み合わせが日本人にほとんどいない。とか、
(広末涼子)
「???系」で「朱色」、しかも肌の色が薄い、
という組み合わせが少ない。とか、
(河村隆一・長谷川京子)




こういう
珍種の人たち
は、似合う洋服探しもたいへんだろうなと思います。


河村隆一さん。
雪原ソリッドな質感…
そんな洋服の似合う人物です。


こういう人たちは、
似合う洋服がちょっとばかり特殊な傾向。




上の13人の中でもとくに難しいのは、



奥菜恵 「???系」
乙葉 「APC・ドレステリア系」
松本潤 「ディーゼル・トゥモロー系」
中谷美紀 「エポカ・ディオール系」




でしょうか。






もっとも珍種な4人


●奥菜恵はハッキリした顔立ちなので、
ハッキリした色は当然似合うのですが、
柔らかい色も着こなすことができます。
実はこれこそ、
「???系」のグループに生まれついた人物の特徴。




長谷川京子(「???系」)や
河村隆一(「???系」)もそうなのですが、
ナチュラルなふつうのカラーに加えて、
はっきりクールな色合い(トゥルートーン)と、
ある種のやわらかな色合い
の2系統の色を使いこなします。




0807252.jpg

奥菜恵さん。
ハッキリ顔なので、ハッキリ色が似合う人ですが、
ある種の柔らかな色も似合うという
不思議な人物です。


ちゃんとしたカラーコーディネートの世界でも、
こういった現象は謎とされていることでしょう。





カラーコーディネートの世界の、
三大不思議のひとつ
と言われております。(ウソ)



しかし『謎』であることはたしか。
なぞはふかまる―――


この謎を解き明かすヒントは2つ。

ジンジャーベース(しょうがベース)
と、
京都風のカラートーン
であります。

いずれその謎も明らかとなることでしょう。








「しょうが」に、
なんらかの謎が隠されている?



京都のイメージを持つといわれる、
めじろの羽根の「めじろ色」
●乙葉は、
クールで冷静沈着な雰囲気の人が多いという
「APC・ドレステリア系」の人でありながら、
顔面カラーは人なつっこいイメージを持たせる「だいだい色」だという、
微妙な組み合わせの人物。

「APC・ドレステリア系」の、落ち着いた着こなしを重視するべきか、
「だいだい色」のイメージの明るく元気な着こなしを重視すべきか。

むずかしいところですね〜










●松本潤は、顔面カラーが「サボテン緑」という、
それだけでもめずらしい、
コードネーム「硝子(ガラス)」の人物。

しかも、「サボテン緑」の人は、
肌の色が濃い人が多いのですが、
松本潤は、薄い色の肌をしている……

このため、バッチリと洋服を似合わせることが、
他の芸能人よりも難しいと思われます。

私としては、松本潤さんにオススメの色は、
ソフトホワイトで薄めたエメラルド緑(最得意色)、
ソフトホワイトで薄めたライムイエロー(最得意色)、
ソフトホワイトで薄めたラピスラズリの青(カジュアル得意色)
ソフトホワイトで薄めたスカーレットの赤(カジュアル得意色)

あたりでしょうか。
目がキラキラして目立つ人ですので、
白で薄めない鮮やかな色も、けっこういける感じ。

メガネをもしかけるのでしたら、
エメラルド緑かライムイエローがイチオシです。
(そんな色のメガネが、あればですけど〔汗〕





松本潤さん。
青緑+緑色のエメラルド緑が、
芸能界一似合う人ですね。
ライムイエローもグッド。


●中谷美紀は、顔面カラーが「緑色」ということで、
深みある黒がもっとも似合うタイプの人です。
森林ディープな素材感を持つ重い黒の服を着ても、
押し負けるどころか逆に飲み込むようななにかを持っております。

それすなわち、「顔面カラー緑色」、
コードネーム「森の城」の人物の特徴です。

この「緑色タイプ」の人も、肌の色の濃い人が多い中、
中谷美紀はとても薄い肌の色をしていますため、
芸能人として独特な異彩を放つ人となっています。

この中谷美紀さんも、
黒以外の色を使った洋服を着こなすことが、
すこしばかり難しいタイプです。

鮮やかな黄緑色と、
霧のかかったミスティな黄緑。
鮮やかな青緑色と、
霧のかかったミスティな青緑色の使い方が、
カギとなるように感じます。
あとは、朱色系と青紫色系でしょうか。




中谷美紀さん。
深みある黒のモヘア〜な素材感にも、
まったく負けない細身の体。



このように、似合う服を探してくるのがたいへんな人は、
世の中にはいるものですが、


そういうひとでも洋服を似合わせる
「不思議センス」
って、いったいなに?


というのが、今回のメインテーマです。







顔の“濃さ”と似合う色のカンケイ


濃い色の似合う人。
薄い色の似合う人。

鮮やかな色の似合う人。
鈍い色の似合う人。

そこそこ濃い色の似合う人。
そこそこ薄い色の似合う人。

そこそこ鮮やかな色の似合う人。
そこそこ鈍い色の似合う人。


世の中いろいろですね。
ケースバイケース。
一期一会(いちごいちえ)。
ああ言えばこう言う、
イーブンパーのホールアウト。

はい、意味不明なことを口走るのはやめにしまして、
おごそかにつづけましょう。





あなたに似合う色は、どんな色か?
あの有名人に似合う色は?
この有名人に似合う色は?


そういったことはまず。

その人の顔の
“濃さ”を見ること。
ここから始まります。

そして、その“濃さ”と対応した色の服を選んで着れば、
まず洋服選びを間違えることはないのです。

ゴロゴロゴロドカーン!!(落雷)





では“濃さ”とはなにか?

“濃さ”には、2種類の濃さがあります。


次回「不思議センスとは?」に続きます。


アイトピアの秘密とは?
のコーナーの目次に行く


トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に行く