TOP 大阪府・メガネのアイトピア
アイトピアのメガネのフィッティングとは



フィッティングって何?



え〜 それでは、今度は
アイトピアのフィッティング
について、お話しさせていただきます[奮起]






前回の“小さなレンズ”のおはなしといい、
このフィッティングに関するおはなしといい、
やもすると
わけのわからぬ三文芝居
になってしまうおそれがあります。





そう、読んでいて
意味がサッパリわからない
という厳窟王な展開になることが多いのです。

















というわけで、
わけわからないテーマについてお話しする場合には、
わけわかりやすいものに置き換える作戦が有効!!





アイトピアのフィッティング術、
お料理クッキングレシピ スタート!!
れっつご〜!!!!









メガネ・お料理レシピ!


レシピ手順・その1






さて、アイトピアのメガネのクッキング♪






まずは全体像をご説明しまーす★

200802235.jpg

《図面A》全体像(画像をクリック)



そう、おおまかにはこのようなカタチにお料理します。
よく見ておいてくださいね♪











具体的には…
●“メガネの腕が、アーチ状態に外に開いていて”……
●“メガネの腕の尾っぽが、特殊なカタチに曲がっていて”……

そんなふうになっています。

もっとも、この絵は、違いをわかりやすくするために、
少々オーバーに描いておりますが……








レシピ手順・その2


つぎで〜す♪

●“メガネの腕が、アーチ状態に外に開いていて”……

こういうメガネの調整のしかたをするのは、アイトピアだけにかぎりません。

メガネの腕が、お客さんのお顔の耳よりも前の両サイドの
皮膚を圧迫しないように、
ググググッとアーチ状態に外側に曲げていくフィッティング。

あるいは最初から、アーチ状に曲がっているメガネフレーム。


こういう状況はときどきありますよね。








このアーチは、お客さんの耳よりも前を押さえ込んで
しまって、「窮屈でいて、しかも、前にずり易くなる」
ということを防ぐために、頭蓋骨の曲線に添わせるために曲げられたアーチなのです。










しかしながら… つぎはどうでしょうか。
こういうケースはかな〜り少ないはず。↓







アイトピアでフィッティングしたメガネは、たいていの場合

●“メガネの腕の尾っぽが、特殊なカタチに曲がっていて”……

これです、これなんですよね。
これが少ないんです。




この図面の…

200802236.jpg

《図面B》………。(画像をクリック)



この図面の左のイラストのように、
尾っぽが外側に向かってアーチしたメガネ。









メガネの腕そのものが、内側に向かってアーチしているものは多いんですけど、
尾っぽが外側にわずかにアーチ!!
これが実際に少ないっ こういう場合が…… っ

って、いいかげんしつこいですね♪

でも、本当に他店でフィッティングされたメガネを見て、
こうなっていることが、めったにないのです。













実は、人間の頭の耳のところからは、
耳の後ろで一旦奥に向かって少しすぼまって、
そこからまた後ろの向かって隆起しているることが多い

ということ、このことはあまり知られていません。
一般のかたでも、そうですが、
メガネ屋さんでも、ご存知ないかたもおられます。







このへこみに添わせて、
メガネを尾っぽでひっかけて、
頭蓋骨にピッタリとフィットさせさせるため

に、メガネの尾っぽを少しだけ外側に反らせて曲げる必要があるケースが、

多いのです








これをすると、上の図面の右の顔のように、
後頭部では左右の2か所点で
顔に眼鏡フレームが固定されますので、とっても快適なわけですね♪






ですが、こういう尾っぽの外側への逸らせフィッティングも、
やはり他の眼鏡屋さんではなかなかされていないのが実状なのです。
ただし、「超うれしいメガネ研究会」の加盟店だったら、
おそらく、これはなさると思います。




どうも大阪の梅田エリア周辺では、
その適正なフィッティングをちゃんとしているお店はきわめて少ない模様。





どうせなら、フィッティングする前に、
最初にお店に並んでいるノンフィッティングのメガネフレームの段階で、
こういうふうに外側への逸らせ加工をほんのすこしつけておけば、
お客さんも、最初にメガネフレームを顔にかけてみた時点で、




「あ、かけごこちがいいな」




と感じるので、メガネフレームの売れ行きも伸びるような気がします。














とはいえ、こういう加工を最初から、
メガネフレ−ムの尾っぽにつけた眼鏡フレームであれば、
さいきんは一部のブランドのメガネフレームでたま〜に見かけます。

200802237.jpg

《図面C》こういう加工…








メガネの腕の尾っぽ。
その先っちょのところを
キュッ
と、外側に逸らせたカタチになっている。

カワイイ〜☆

ということで、けっこう人気のあるカタチなようです。





しかしまあ、このキュッは、
いま私の言うところの外側への逸らせとは、まったく違うモノです。







先っちょのほんのちょっとのキュッは、
メガネをかけるときのすべりを良くするためのもので、
かけた後の、頭蓋骨のホールドとは、関係のないものなんですよね。



しかし、《図面C》のメガネフレーム。
若者に人気のある某メガネブランドの形なのですが、
このブランドのメガネフレームの一部に、

メガネの腕の内側で、もみあげ部分を
おさえるようになっているものがある


という欠点があるのです。







まあ、たまたまメガネの腕が、
もみあげ部に当たらないフィッティング配置になっていれば
それでいいのですが、
まんいち押さえちゃってたらタイヘンです。







ここの部分ですね、ここの部分。
(《図面D》を参照)

200802238.jpg

《図面D》







この丸をつけた部分が
もみあげ部
なのですが、

ここがお客さんのもみあげを圧迫しないように、
上手にフィッティングする
こと。




もちろんですが、もみあげ部よりも、
こめかみ部を押さえるのは、さらにいけません。

こめかみを押さえられて苦しくない人は少ないですし、
力学的にも、フレームを前に押し出す力が働いてしまいます。





これが実は、当店アイトピアのフィッティングの
最大の特徴なのです。










というわけで、今回のご説明はここまでにさせていただきます♪

アイトピアの秘密とは?
のコーナーの目次に戻る


トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る


この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。
メガネのアイトピア店長・岡本隆博は、
全国の眼鏡屋さん向けの技術教育を行っております
大阪発・眼鏡学とは
(日本眼鏡教育研究所)