ゴレンジャーの法則!(その2)


というわけで、ここまでをまとめてみます。






Aタイプのコードネームが「
雪の灯(ゆきのあかり)」。
どちらかというとクールでソリッドな布の服が得意なのに、
最得意カラーは暖かそうな色という人たちです。

冬になると、暖かいカジュアル服を探すのが大変です。
色は暖かそうでも、うすでなソリッドの布ではガクガクブルブル。

コード
ネーム
最得意
カラー
得意な素材の
テイスト
Aタイプ [雪の灯]
(ゆきのあかり)
(赤色系)
(だいだい系)
薄くソリッド


「雪の灯」(ゆきのあかり)

冬に点(とも)る
火の明かりのイメージです。


おしゃれな人になると、
ソリッドな質感の
黒と白の服ばかり着ている人がいます。





Bタイプのコードネームが「
楓の岬(かえでのみさき)」。
標準的な質感の服が着られますが、ややソリッドな布が得意。
最得意カラーはやや暖かめな色。

Bタイプは、Dタイプの人と似合う服が似ている人がいます。
けれどDタイプ向けの服を着ると、ちょっと違和感が出ます。

コード
ネーム
最得意
カラー
得意な素材の
テイスト
Bタイプ [楓の岬]
(かえでのみさき)
(黄色系)
(朱色系)
そこそこソリッド


「楓の岬」
(かえでのみさき)

秋の涼しげな
土の岸辺のイメージです。


おしゃれな人になると、
サンドベージュとグレーの
服ばかり着ている人がいます。





Cタイプのコードネームが「
錫の車(すずのくるま)」。
どちらかというと薄く柔らかい布が得意。

冬になると、暖かいカジュアル服を探すのが大変です。
(というか、カジュアル服そのものが苦手だったりして)

コード
ネーム
最得意
カラー
得意な素材の
テイスト
Cタイプ [錫の車]
(すずのくるま)
(だいだい系)
(黄緑系)
薄く柔らかい

「錫の車」
(すずのくるま)

晩夏に跳ねゆく、
軽金属の馬車のイメージ。

おしゃれな人になると、
白やライトグレーの
よそ行き服ばかり着ている人がいます。





Dタイプのコードネームが「
春の泉(はるのいずみ)」。
標準的な質感の服が着られますが、
やや深みあるソフトな素材が得意。

最得意カラーは黄・緑で、得意カラーが青・赤。
もっともカジュアルファッションで有利なタイプ。
(ただし、フォーマル服でやや苦戦するかも)

コード
ネーム
最得意
カラー
得意な素材の
テイスト
Dタイプ [春の泉]
(はるのいずみ)
(黄色系)
(緑色系)
そこそこディープ

「春の泉」
(はるのいずみ)

春先から夏にかけての
水の涼しげなイメージ。

おしゃれな人でも、このタイプの人たちは
いろいろなファッションを楽しんでいるようです。





Eタイプのコードネームが「
森の城(もりのしろ)」。
どちらかというと重くディープな服が得意なのに、
最得意カラーは涼しめな色という人たちです。

夏になると、涼しいカジュアル服を探すのが大変です。
色は涼しそうでも、質感が重い布でないとちょっと違和感。
(というか、カジュアル服そのものが苦手だったりして)

コード
ネーム
最得意
カラー
得意な素材の
テイスト
Eタイプ [森の城]
(もりのしろ)
(黄緑系)
(青緑系)
重くディープ

「森の城」
(もりのしろ)

晩冬から春先にかけての
木々の頂の城のイメージ。


おしゃれな人になると、
マットな質感の
黒と白の服ばかり着ている人もいます。








それぞれのタイプの最得意カラーと、
得意な素材のテイストをまとめます。


コード
ネーム
最得意
カラー
得意な素材の
テイスト
Aタイプ [雪の灯]
(ゆきのあかり)
(赤色系)
(だいだい系)
薄くソリッド
Bタイプ [楓の岬]
(かえでのみさき)
(黄色系)
(朱色系)
そこそこソリッド
Cタイプ [錫の車]
(すずのくるま)
(だいだい系)
(黄緑系)
薄く柔らかい
Dタイプ [春の泉]
(はるのいずみ)
(黄色系)
(緑色系)
そこそこディープ
Eタイプ [森の城]
(もりのしろ)
(黄緑系)
(青緑系)
重くディープ





それぞれのタイプの、最得意カラーと得意カラー。
そしてモノトーン色の得意な順番と得意な素材感をまとめます。


コード
ネーム
最得意
カラー
得意
カラー
モノトーン色の
得意な順番
得意な素材の
テイスト
Aタイプ [雪の灯]
(ゆきのあかり)
(赤色系)
(だいだい系)
(緑色系)
(青紫系)
■□ 薄くソリッド
Bタイプ [楓の岬]
(かえでのみさき)
(黄色系)
(朱色系)
(紫色系)
(青緑系)
■□ そこそこソリッド
Cタイプ [錫の車]
(すずのくるま)
(だいだい系)
(黄緑系)
(赤紫系)
(アクアブルー系)
薄く柔らかい
Dタイプ [春の泉]
(はるのいずみ)
(黄色系)
(緑色系)
(青色系)
(赤色系)
■□ そこそこディープ
Eタイプ [森の城]
(もりのしろ)
(黄緑系)
(青緑系)
(朱色系)
(青紫系)
■□ 重くディープ








これらが、


制服・よそ行き服・晴れ着を別にした普段着

のカジュアル服の色パターンです。


実はAタイプからEタイプの5種類以外にも、
あいのこ”の人がわずかにいます。
(ABタイプ・BCタイプ・CDタイプ・DEタイプの4つ)

秘密の隠しタイプ
ABタイプ AタイプとBタイプの‘あいのこ’
BCタイプ BタイプとCタイプの‘あいのこ’
CDタイプ CタイプとDタイプの‘あいのこ’
DEタイプ DタイプとEタイプの‘あいのこ’


それはさておき、このAからEの5種類の人たちには、
あるすごい秘密が隠されているのです。

Aタイプの人は、朱色の服を着ると……
Bタイプの人は、だいだい色の服を着ると……
Cタイプの人は、黄色の服を着ると……
Dタイプの人は、黄緑色の服を着ると……
Eタイプの人は、緑色の服を着ると……

それぞれ、すごいことになってしまいます。

そう、
変身してしまうのです。

危険なカラー、「危険色(デンジャーカラー)」なのです。




とはいえ、かならず変身するわけではなく。

「危険色」の服を着ようとすると99%の確率で、
気分が悪くなってその服を着られません。



ですが100着の中の似合う1着を見つけてしまうとさあ大変、
それが変身アイテム。

危険なまでにオーラのあふれ出す
大メロメロ人間へと変身します。ただし……



●顔とはなれたところでその色を使う。
●洋服の中に、ほんの少しだけ混ぜて使う。
●濃くしたり薄くしたり淡く鈍くしたりしてして使う。
●髪の色やカバンの色や文房具の色で使う。
●写真を撮るときの背景や、部屋の色として使う。

などとすればまだ危険度はマシです。
いちどうまく活用してみてください。


ゴレンジャーの法則!(その3)に続く


アイトピアの秘密とは?
のコーナーの目次に行く


トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に行く