アイトピアのメガネケース選び


当店アイトピアが、他のお店さんと比べてもっとも違うところとは…

いろいろと違いはあるのですが、
ひとまず控えめなところから、ご紹介させていただくとしましょう。
 


メガネの注文をお客様からいただき、
注文をいただいたその場でフィッティング、
入念な視力測定のあと、数刻から数日を経て、
無事にメガネ一式が仕上がって相棒のもとにメガネが旅立つとき、
その眼鏡はメガネケースに入ってスタンバイをしています。

メガネケースとは、パコパコと開く、
眼鏡を入れておく小さな箱状のもののことですね。

普通であればその、
メガネケースに入ったメガネとケースとの間には、若干の空間の隙間があり、
ケースを閉めた状態でもパコパコと中で泳ぎ、
“これはにんともかんとも、いかんともしがたい状態”になっている場合が、けっこうあるのです。

そういうときには、どうすればよいと思いますか?
ひとまず私が、いくつかの方法を提示してみましょう。


〜メガネがケースの中でパコパコ動く!こんなときこうしよう案その1〜
●ケースの中にあんこを入れる


布を入れてなお、ケースパコパコの場合にはどうするかというお話ですが…
さしずめケースの中に入れる詰め物としましてオススメなのが、
クッキーなどを買ったときに付いているプチプチビニールなんて、どうでしょうか。

といっても、ついそのビニールが気になって、プチプチとつぶしてしまいますので、
この計画はあまりよろしくなさそうだとわかります。


〜メガネがケースの中でパコパコ動く!こんなときこうしよう案その2〜
●力づくでケースを握りつぶし、ケースの上下幅を浅型サイズに変化せしめる


これはなんとも力業ですね。このような人智を越えた所行に及べるのは、
芸能界広しといえどもまずアントニオ猪木。そしてそしてアニマル浜口和田アキ子くらいのものでしょう。
ですが残念ながら、彼らがこの行為に及んだ場合、ケースそのものが無に帰せしめられてしまうため、
この方法もまたさして有効とはいえません。


当店アイトピアでは、微妙にサイズの違ったメガネケースを大量に用意しており、
ケースの中でメガネが、決してパコパコ動いてしまったりしないように細心の注意を払っているのです。

0612262.jpg

これ以外にもたくさん在庫。万全のパコパコ迎撃態勢だといえましょう。

ですから、アイトピアのメガネであれば、
できあがったメガネがケースの中で泳いでしまうことにはならず、
快適にお客様にお使いいただくことができるのです。

アイトピアの秘密とは?
のコーナーの目次に行く


トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に行く