TOP 大阪府・メガネのアイトピア
複式跳ね上げ(固定式)メガネ

(2)複式跳ね上げ(固定式)メガネ

前部レンズと後部レンズの合わせでものを見るか、
前部を跳ね上げて後部レンズだけでものを見るかのどちらかです。

たいていの場合には、
後部レンズに手元用の度数を入れ、
前部には2D前後の凹(マイナス)レンズを入れて、
合わせで見ると遠くがはっきりと見え、
前を跳ね上げると手元がはっきりと見えるというふうにすることが、
中には、跳ね上げたら普通の読書距離や中間距離が見え、
合わせでは、寄り近いところが見える、
というふうなやりかたもあります。

複式   52□18

複式枠の中では、かなり軽いものです。






複式の
跳ね上げメガネ
オリジナルフレーム


マグネット使用の
複式跳ね上げメガネ「キャトル」が登場


跳ね上げメガネ
のコーナーの目次に戻る


トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る


この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。
メガネのアイトピア店長・岡本隆博は、
全国の眼鏡屋さん向けの技術教育を行っております
大阪発・眼鏡学とは
(日本眼鏡教育研究所)