TOP 大阪府・メガネのアイトピア
「ビオロンセロ」はビッグサイズの
高級感あるセルフレーム
トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには


ワイドな
安定性のある型の高級セルフレーム
ビオロンセロとは

大きいメガネ研究会のオリジナルの
セルフレームとして、
安定感を感じるレンズ型…

横幅の長めのラウンドスクエアタイプの
落ち着いたモデルとなっています。

ビオロンセロ


未来的フォルムを感じさせながら
懐古調のクラシックも思わせるデザイン、
しかしながら素材感は、
近代ヨーロッパのアートを思わせる、
他面複合的なイメージが持ち味のフレームです。


サイズ設定は、
60□18 で、
レンズの縦寸が37mmありますので、
累進レンズも余裕を持って使えます。




近代ヨーロッパのアートを思わせる、
他面複合的なイメージが持ち味のフレーム

ミッドブラウンナガレ(K51000)
設計者:岡本真行
フレームデザインはボリューム感を持たせ、
現代ヨーロッパのトレンドを意識。

ビオロンセロの名前の由来は、
楽器の中でもやや大型サイズの本体を持つ
「ヴィオロンチェロ(
Violoncello)」
から。


大きいメガネ研究会』 
からのオリジナル企画
という形で生産、



かつて出したオリジナルセルフレーム、
ゾルバの雰囲気を
クラシック系のイメージ寄りで
再現を狙ったもの。

ビオロンセロの「マユ部分」には、
丸みを帯びた斜めカット加工が入れられ、
そのディテールは、かつてのオリジナル
「クロスボウU」とも通じるものです。

サイズ
60□18
フロント部総横幅
159ミリ

メーカー参考小売価格 ¥29000+消費税

レンズとレンズの間の中央の棒パーツ
(ブリッジと呼ばれる)は、
ゾルバよりも少し上下幅を増やして
耐久性をアップ。

同時に、ボリューム感を合わせるため、
テンプル(腕)には
「五枚丁番」と言われる大型の部品を導入し、
太め・ゴツめ
の商品仕様に統一してあります。




ビオロンセロの「マユ部分」には、
丸みを帯びた斜めカット加工が
ミッドブラウンナガレ(K51000)



テンプル(腕)には
「五枚丁番」と言われる大型の部品を導入
ミッドブラウンナガレ(K51000)



太め・ゴツめ
の商品仕様に統一
ミッドブラウンナガレ(K51000)


6色のカラー

個性的なカラーを
6色、作製しています。

順番にご紹介させていただきます。

K51000 の ミッドブラウンナガレは、
明るい茶色の横流れ。
M59-551 が ブラック。
J2879 の ダークレッドナガレは、
暗く暖かい赤の横流れ。
643R18 の 黒メッシュ流れは、
アートな風情(ふぜい)の新カラー。
LAD8822 の マバラブラウンは、
濃い茶色系統の新しいカラー。
TN-0202T のグレーグラデミッドは、
これまでより薄いトーンを発注。
色構成
カラー番号
K51000
ミッドブラウンナガレ
カラー番号
M59-551
ブラック
カラー番号
J2879
ダークレッドナガレ
カラー番号
643R18
黒メッシュ流れ
カラー番号
LAD8822
マバラブラウン
カラー番号
TN-0202T
グレーグラデミッド



K51000 は、ミッドブラウンナガレ。
濃淡を持って横に流れる、
イレギュラーな薄茶から濃い茶の
混合カラーとなっています。
今回のビオロンセロのコンセプトを最も体現する、
ヨーロピアンな趣(おもむき)を持っています。



これぞ正統派の風合いを誇る、
M59-551 はブラック。
丸みを帯びたマユのナナメカットの質感を、
うまく活かした雰囲気を出しています。
全体的に丸みを帯びたフォルムも、
黒の物言わぬ迫力に高級感をプラスしています。



J2879 は、ダークレッドナガレ。
横流れ模様ながらも、
間近で見ればその点をあまり感じさせない
濃厚な色合いとなっています。
暖かみを持つ赤なので、女性的な感じにはならず、
リッチでノーブル(高貴)なイメージだけが先行。



643R18 の、黒メッシュ流れは、
今回もっとも挑戦的なカラーといって良いでしょう。
わずかに波打つ形で、
クリア生地の中にブラックの細いラインが
曲線的に、不規則的に、繊細に、
一面に張り巡らされています。



LAD8822 のマバラブラウンは、
新登場ながらも、
これまでに出たオリジナルセルフレームの色の
それぞれをトレースした性質を持つかのよう。
赤茶マダラの赤み、濃い茶マダラの深さ、
バラフ模様の亀の甲羅感、
自然素材を彷彿(ほうふつ)とさせる色彩感覚。



TN-0202T のグレーグラデミッドは、
これまでのグレーグラデ(TN-0202系)とは、
品番こそ同じですが、微妙な変化をつけています。
いつもより「薄い部分を多く使う」指定を
工場におこない、
黒に近い色からグレーだったグレーグラデの色を、
ミッドグレー化することに成功しています。



どの色も、このビオロンセロに相応(ふさわ)しい、
個性的な色合いです。





イレギュラーな薄茶から濃い茶の
混合カラー

ミッドブラウンナガレ(K51000)



丸みを帯びたマユのナナメカットの質感を、
うまく活かした雰囲気を出しています

ブラック(M59-551)



暖かみを持つ赤なので、女性的な感じにはならず、
リッチでノーブル(高貴)なイメージ

ダークレッドナガレ(J2879)



わずかに波打つ形で、
クリア生地の中にブラックの細いラインが

黒メッシュ流れ(643R18)



バラフ模様の亀の甲羅感、
自然素材を彷彿(ほうふつ)とさせる色彩感覚

マバラブラウン(LAD8822)



黒に近い色からグレーだったグレーグラデの色を、
ミッドグレー化することに成功

グレーグラデミッド(TN-0202T)




『ブラウンのライトなトーンで、横流れ模様にしたもの』
(K51000)。

同種のコンセプトの
「薄茶マダラ系統」は、
もっと均質的な薄茶や、アメリカンなブラウンハバナ柄や、
格子(こうし)模様など、いろいろ使用しましたが、
この「ちょうどよい横ナガレ感」は、
ヨーロッパ風の雰囲気を狙うときにこそ、
活用するべき生地品番かと思います。

腕(テンプル)は、フロントと違い、
同じ生地品番を指定しても、
やや濃いトーンの色となるようです。





この「ちょうどよい横ナガレ感」
ミッドブラウンナガレ(K51000)



ヨーロッパ風の雰囲気を狙うときにこそ、
活用するべき生地品番

ミッドブラウンナガレ(K51000)



ブラック(M59-551)は、
もはや定番の色。


マユ部分を太くしてボリューム感を出し、
中央分のブリッジ、
両サイドの智(ち)、
マユのナナメカットと、
太い部分を維持しながらもバランスよく配分した
ライン取りのデザイン。





マユ部分を太くしてボリューム感を出し・・・・・・
ブラック(M59-551)



中央分のブリッジ、両サイドの智(ち)、
マユのナナメカットと・・・・・・
ブラック(M59-551)



太い部分を維持しながらもバランスよく配分した
ライン取りのデザイン
ブラック(M59-551)



ダークレッドナガレ(J2879)は、
最近の当方のオリジナルフレームで
よく使われる色ですが、

同じ色でも、
そのセルフレームのフォルムによって、
引き出されるその色の個性が
微妙に違ってきます。

このビオロンセロのフェミニンな雰囲気からは、
ダークレッドナガレの個性として
柔らかでお洒落な印象が強く出ています。





最近の当方のオリジナルフレームで
よく使われる色

ダークレッドナガレ(J2879)



このビオロンセロのフェミニンな雰囲気からは・・・・・・
ダークレッドナガレ(J2879)



柔らかでお洒落な印象が強く出ています
ダークレッドナガレ(J2879)



この
黒メッシュ流れ(643R18)は、
ぜひとも店頭にて現物を見ていただきたい
という度合いが
とても高い色です。


なみうちうねる、
完全なる濃さの黒が、
完全なる透明度のクリアの地の上で、
縦横無尽に見てとれます。

黒の線も、折り重なりによって、
布の織り重ねのような太い細いのライン差ができ、
ところどころに濃淡の見える、
優雅な色合いです。





なみうちうねる、
完全なる濃さの黒が、
完全なる透明度のクリアの地の上で・・・・・

黒メッシュ流れ(643R18)



縦横無尽に見てとれます
黒メッシュ流れ(643R18)



ところどころに濃淡の見える、
優雅な色合い

黒メッシュ流れ(643R18)



マバラブラウン(LAD8822)は、
まるで墨の水墨画(すいぼくが)の、
濃淡の出具合(でぐあい)のような、
他であまり見られないコントラストの
柄となっています。

ビール瓶のような風合い豊かなフラット(平面的)の
半透明のブラウンの地に、
水の中に流したかのような
波紋(はもん)をイメージさせる
濃い茶色の精妙にして高級感あるトーンがちらほら。

伝統的な紋様(もんよう)であるかのようにも
感じられます。





他であまり見られないコントラストの柄
マバラブラウン(LAD8822)



波紋(はもん)をイメージさせる
濃い茶色の精妙にして高級感あるトーン
マバラブラウン(LAD8822)



伝統的な紋様(もんよう)であるかのようにも
感じられます
マバラブラウン(LAD8822)



最後はグレーグラデミッド(TN-0202T)。

これまでのグレーグラデ(TN0202)は、
下がダークグレー、
上がほぼ黒というグラデーションでしたが、
今回のものは、
下がミディアムグレー、
上が濃いダークグレーという
「やや薄め仕様」です。

黒とクリアのコントラストは低く、
徐々に色のトーンが移り変わる
グラデーションの細かさは
この生地品番が特に得意とするところ。

腕に使ったのは、
この色生地の上のほうの色と同じ、
濃いグレーのトーンの単色素材。

フロントだけが、
下にいけばいくほど淡いグレーになっていくグラデ。
腕は、一面ダークグレークリアで、
低い透過度です。





下がミディアムグレー、上が濃いダークグレーという
「やや薄め仕様」です

グレーグラデミッド(TN-0202T)



黒とクリアのコントラストは低く、
徐々に色のトーンが移り変わる
グラデーションの細かさ

グレーグラデミッド(TN-0202T)



腕に使ったのは、この色生地の上のほうの色と同じ、
濃いグレーのトーンの単色素材

グレーグラデミッド(TN-0202T)
ビオロンセロ
各カラー紹介


ミッドブラウンナガレ (K51000)



ブラック (M59-551)



ダークレッドナガレ (J2879)



黒メッシュ流れ (643R18)



マバラブラウン (LAD8822)



グレーグラデミッド (TN-0202T)
写真撮影者 : 今回の商品画像は、
スマイルメガネ研究舎 盛岡MOSSビル店さんのご協力です。

大きいサイズのオシャレ眼鏡!
のページに戻る

トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る

トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには
この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。