TOP 大阪府・メガネのアイトピア
純銀を使った
大きいメガネ




チタンフレームに純銀パーツを合体


大きいメガネの中でも
ひときわ変わり種(かわりだね)のメガネの登場です。

チタンフレームのメガネなのですが、
腕の部分に一部だけ、純銀(925シルバー)を
使用しているものです。


正面から見ても、

側面から見ても、

やや後ろから見てみたとしても、

一部のスキもないフォルム。


これでいて大きいサイズというのだから、
恐れ入ります。









上から見下ろしたところ、

いかにも男らしい

という印象が際だちます。
これらのメガネフレームは、
レンズ一枚の横幅が、
57ミリでして、
従来の標準的なメガネよりも
ゆったりとかけていただけるサイズです。




フロントのチタンのシェイプの中の、
純銀パーツ。

チタンのボディ部分も、
白っぽいシルバーとグレーという、
2種類のトーンを用意しています。




白っぽいシルバーです。




アンティークなグレー。
白っぽいシルバーと双璧をなす、
男らしいカラーです。



この大型メガネ、
形もいくつかのバリエーションがありますので、

色合いも工夫されていますので、

かけるのが楽しくなってきます。








かたちにも、
いくつかのバリエーションが!



黒のマットな質感のメガネなどは特に・・・・・・
立体感がきわだっています。










裏面から見ても、構築的なスタイル!


チタンフレームとしても
このシリーズのモデルは
すぐれた性能を持っています。

フィッティング性能も申し分なく、
大きいメガネのゴシックデコレーション部門を、
がっちりと押さえることに
成功しています。






ゴシックなデコレーションを用いた、
大人のスペシャルデザイン。


大きいサイズのオシャレ眼鏡!
のページに戻る

大きいメガネ
のコーナーの目次に戻る


トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る


この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。
メガネのアイトピア店長・岡本隆博は、
全国の眼鏡屋さん向けの技術教育を行っております
大阪発・眼鏡学とは
(日本眼鏡教育研究所)