TOP 大阪府・メガネのアイトピア
ビッグなサイズの天地の深いセルフレーム、
ジムビートが入荷
トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには


ワイドな天地の深いタイプ
高級感のあるセルフレーム
その名は、ジムビート

大きいメガネ研究会のオリジナルの
セルフレームでは、
最大級の天地幅を持つ、
安定感のあるサイジングとなっています。

ドイツ風の、
「流行を一歩リードするスタイル」
を実現しつつも、
力強いデザイン、高級感と実用性を併せ持った
クラシックなモデルです。


ジムビートが
入荷!



サイズ設定は、
59□17 で、
レンズの縦寸が39mmとなっています。
累進レンズも楽々の天地幅。



流行のアメリカンスタイルの
一歩先を見据えた造形センス、
東ヨーロッパから、
北欧系スタイルを経て進化した、
ドイツ風のスタイルを感じさせる
重厚感あふれるフォルムに
落ち着いています。





ドイツ風のスタイルを感じさせる
重厚感あふれるフォルム
(画像は、カーキ L81178T です)
設計者:岡本真行
フレームのイメージは、上部に斜めカット加工を入れた
伝統的ドイツ風スタイル。
マユから腕の部分へのラインの流れに工夫をし、
ボリューム感とスマートさを両立させています。


大きいメガネ研究会』 
からのオリジナル企画
という形で生産、

サイズは59mmのレンズ横幅を持ち、
大きいメガネの中では標準的な大きさ。

天地幅はかなり広く取り、
39mm。安定感では他の追随を許さない
風格となっています。


サイズ
59□17
(レンズ天地幅39mm)
フロント部総横幅
155ミリ



メーカー参考小売価格 ¥27000+消費税




サイズは59mmのレンズ横幅を持ち、
大きいメガネの中では標準的な大きさ
(画像は、カーキ L81178T です)



安定感では他の追随を許さない
風格となっています
(画像は、カーキ L81178T です)



5色のカラー


それぞれ個性的なカラーが
5色ラインナップです。

カラーデータ    マンハイム

カラー 色品番
カーキ L81178T
M59-551
バラフササ柄 VH140
ミッドグレー流れ H12-231
ダークレッド流れ J2879



カーキ L81178T は、
ベーシックな茶色メガネの
系譜の上にたつ正統派。


黒 M59-551 は、
上部の斜めカットのエッジが、
ひときわ際立つ彫刻的重厚感。


バラフササ柄 VH140 は、
薄茶系統と
濃い茶系統の
両方の要素を取り入れた個井派。


ミッドグレー流れ H12-231 は、
軽快な感覚を手に入れ、
日本人の顔の質感になじむ

ボリュームバランスを保持。


ダークレッド流れは、
暖かな色合いを底に持つ、
伝統的にして懐古調の
赤となっています。




画像は、カーキ L81178T です




画像は、黒 M59-551 です



画像は、バラフササ柄 VH140 です




画像は、ミッドグレー流れ H12-231 です



画像は、ダークレッド流れ J2879 です



まずは、
カーキ L81178T 。

黒に次ぐ、スタンダード中のスタンダードとなる
濃い茶色系統の色の中でも、
もっともこの「ジムビート」の風格に合う
若々しい色をチョイス。

単調さを廃するため、
腕には表皮に銀の幕を張った、
同系統のカ−キカラーを使用。

フロントの重さを、
テンプル(腕)が、
やわらげてくれることでしょう。






黒に次ぐ、スタンダード中のスタンダードとなる
濃い茶色系統の色

(画像は、カーキ L81178T です)



腕には表皮に銀の幕を張った、
同系統のカ−キカラーを使用

(画像は、カーキ L81178T です)



ブラック(M59-551)は
定番の黒となっています。


テンプル(腕)とブリッジ(中央部)で
ゴツさを持つジムビートにあって、
黒こそがもっとも重厚感を
きわだててくれる色。


光を反射してつや光る、
この黒が素材の品質の高さを物語っています。


マユの斜めカッティングからの、
両腕への流れるラインへのつながりが、
物言わぬ黒によって
ひときわ引き立てられています。


レンズの玉型も、角張ったウエリントン系。
男性的なフォルムが、
エッジの効いたナナメカットのシャープさの
魅力を倍加させてくれることでしょう。






黒こそがもっとも重厚感を
きわだててくれる色
(画像は、黒 M59-551 です)



光を反射してつや光る、
この黒が素材の品質の高さを物語っています
(画像は、黒 M59-551 です)



マユの斜めカッティングからの、
両腕への流れるラインへのつながり
(画像は、黒 M59-551 です)



レンズの玉型も、角張ったウエリントン系。
男性的なフォルム
(画像は、黒 M59-551 です)



そして バラフササ柄 (VH140)。

濃い茶色が横に流れた模様、
その下には薄茶のキハク系の地があるため、

ところどころに濃淡のある、
茶色キハク系統の横流れ模様となっています。


「キハク」と呼ばれる、
亀の甲羅の「黄色がかった樹脂成分」の浮き出た、
独特な高級感を再現した、
福井県鯖江市の倉で乾燥させ寝かされた
「乾燥アセテート」の高級感。


本物のアセテート・フレームだけが持つ、
確かな感触を主張しています。








ところどころに濃淡のある、
茶色キハク系統の横流れ模様
(画像は、バラフササ柄 VH140 です)



亀の甲羅の「黄色がかった樹脂成分」の浮き出た、
独特な高級感を再現
(画像は、バラフササ柄 VH140 です)



本物のアセテート・フレームだけが持つ、
確かな感触を主張
(画像は、バラフササ柄 VH140 です)



ミッドグレー流れ (H12-231)も秀逸です。

色味の無い色、「無彩色」による、
グレー系統の横流れ模様ですが、
かなり柔らかで落ち着いた雰囲気です。

フレーム上部の「ナナメカット」のため、
薄い色のアセテート生地がさらに
物理的に「薄く」なることで
さらなる色の薄さを実現。


存在感を残しながらも、
できうるかぎりの
色の薄さ、軽快感の底上げを
なしとげています。





色味の無い色、「無彩色」による、
グレー系統の横流れ模様
(画像は、ミッドグレー流れ H12-231 です)



「ナナメカット」のため、
薄い色のアセテート生地がさらに物理的に「薄く」
(画像は、ミッドグレー流れ H12-231 です)



できうるかぎりの
色の薄さ、軽快感の底上げ
(画像は、ミッドグレー流れ H12-231 です)



さらには、
ダークレッド流れ (J2879) という色も。

黒に近い程の濃い色ですが、
わずかに赤茶がかった
伝統的な要素のある赤色の色彩。

横流れ模様なので、
セルフレームとして重すぎない質感に。

性別問わず支持される、
バランスの取れた色でもあります。

わずかに、中の芯金が
透けて見えるという
高級感あふれる仕様。

古めかしさを、
芸術性にまで昇華させた
自信をもっておすすめする一本です。





わずかに赤茶がかった
伝統的な要素のある赤色の色彩
(画像は、ダークレッド流れ J2879 です)



横流れ模様なので、
セルフレームとして重すぎない質感
(画像は、ダークレッド流れ J2879 です)
アインケーゼ
各カラー紹介


カーキ L81178T



黒 M59-551



バラフササ柄 VH140



ミッドグレー流れ H12-231



ダークレッド流れ J2879
写真撮影者 : 白い背景の画像は、
スマイルメガネ研究舎 盛岡MOSSビル店さんのご協力です。
(それ以外の画像はアイトピア撮影です)

大きいサイズのオシャレ眼鏡!
のページに戻る

トップページ
大阪府・メガネのアイトピア
に戻る

トップページにもどります 当店アイトピアの会社の概要 当店アイトピアのメガネの技術について 当店アイトピアのメガネのブランドについて 当店アイトピアに行くには
この手作りホームページは、大阪梅田の眼鏡店 アイトピアの製作です。